2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

女児のお宮参りの着物(作者は小倉貞右さん)

第三千六百七十九回目の作品として、女児のお宮参りの着物を紹介します。作者は小倉貞右さんです。

昨日は女児のお宮参りの紹介をする際に、お宮参りの着物というのは千治や野口のような友禅メーカーではなく、専業メーカーによって作られるので、私はお宮参りの制作者も工程も知らないと書きました。しかしながら、何かの事実があれば必ずその反対があるもので、今日はお宮参りの専業メーカーではなく、友禅作家によってつくられたお宮参りの着物を紹介します。

東京の友禅作家である小倉貞右さんのもので、今は息子さんの隆さんが活躍していますよね。百貨店で本人登場の個展をされることもありますし、それが人気ブロガーのブログに取材されることもあります。

IMG_75432.jpg
いちばん上の写真は全体です。着物の上半分は桜楓、下半分は糸巻です。糸巻というと染織用品みたいですが、柄が有って回転するようになっているので凧の糸巻ですね。お正月に使うので縁起物として良いし、遊び道具なので子供の着物モチーフにちょうど良いということです。

注目すべきは、着物の上半分と下半分で模様が違うことです。本来なら着物の上下は帯で分断されるところですが、お宮参りの着物なので帯はしません。お宮参りの着物というのは、おばあちゃんが孫を抱いてその上に掛けることを想定し、背中辺りにメインの模様を付けるのですが、この着物では大人の訪問着と同じように裾にメインの模様が有って、しかもマエミ辺りに比重がありますね。

孫を抱いて掛けたときにいちばん良く見える箇所はサブメインの模様ともいうべき桜で、お宮参りの着物の専業メーカーから見れば勘違いのように思えるのではないでしょうか。しかしながら、桜楓がとても魅力的なので、これで良いような気もします。それは友禅作家としての力ですね。友禅作家としては一流で、お宮参りの着物の制作者としては素人の人がつくったというのが、これほどはっきりわかるのも珍しいです。

IMG_75462.jpg
写真2番目は、裾の方の模様です。糸巻は5つですが、梅、桜、橘、杜若、楓という5つの植物文が描かれています。

IMG_75482.jpg
写真3番目は、背中の中ほどの模様です。裾グループのメインのモチーフの1つですが、大人の着物ならおはしょりの中になってしまう辺りです。

IMG_75572.jpg
写真4番目は、袖の模様です。てても魅力的な桜で、私は糸巻より気に入っていて、こちらの模様が上半身のよく見える箇所で良かったと思っています。

IMG_75532.jpg
写真5番目は、もう片方の袖の模様です。

IMG_75582.jpg
写真6番目は、本来なら家紋を付ける辺りの模様です。

IMG_75522.jpg
写真7番目は作者の落款です。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1312-58679636