花也の付下げ「斜め変わり波に寿蔵文」の帯合わせ

第三千六百七十六回目は、花也の付下げ「斜め変わり波に寿蔵文」の帯合わせです。

今日は染めの帯を合わせてみます。友禅染は絵画性が高いのが特長ですから、すっきりした着物に絵画性を加える帯合わせになりますね。

IMG_74932.jpg
いちばん上の写真は、橋村重彦の四季花を描いた名古屋帯を合わせてみました。糊糸目の友禅によるものです。腹文には椿があり、四季の花が揃うようになっています。花の形は写生というよりも琳派の植物文から抜き出したようです。

IMG_74942.jpg
写真2番目は、野口の友禅の名古屋帯を合わせてみました。琳派の菊模様です。

IMG_74952.jpg
写真3番目は、花也の友禅の名古屋帯を合わせてみました。市松に見える地紋の生地を利用して市松取りにした意匠です。糊糸目の友禅ですが、線描きを主体としています。模様の輪郭を取る通常の糸目よりも、線描きの方が難度が高いです。

IMG_74992.jpg
写真4番目は、花也の友禅の名古屋帯を合わせてみました。多彩で華やかな友禅です。いつもの花也の作品は白揚げを主体に抑制された彩色を加えた上品な作風ですが、この作品は友禅が本来持つ色鮮やかな美しさを追求したものです。

江戸時代の友禅の小袖の歴史を考えると、前期の奇想天外な意匠を多彩な色彩で描いた友禅と、後期の友禅の技法のうち糊防染だけを行った白揚げとがありますから、花也ではその両方を作っているわけですね。

IMG_74962.jpg
写真5番目は、花也の友禅の糊防染と刺繍の名古屋帯を合わせてみました。華文の形を防染して地染めをすることで白抜き状態を作り、その後で彩色と漆糸により刺繍をした作品です。作者が追求したテーマはグラデーション効果そのものだと思います。着物も丸い模様で、帯には大きい丸い模様があるので、ラスボスみたいに見えますね。
スポンサーサイト
[ 2017/03/06 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1309-75058d06