2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の付下げ「斜め変わり波に寿蔵文」の帯合わせ

第三千六百七十五回目は、花也の付下げ「斜め変わり波に寿蔵文」の帯合わせです。

今日は袋帯を合わせてみました。今回の着物は、刺繍の量は多めながら、それぞれの刺繍の形は同じですし、それに波を加えただけですからすっきりしています。すっきりというと、模様の面積が少ない着物や使っている色数が少ない着物を思い浮かべがちですが、モチーフの種類が少ない着物もまたすっきりした印象になるようです。

すっきりした着物に対して、すっきりした帯を合わせ、全体をすっきりまとめると、着ている人間も含め洗練された都会的な印象になりますね。一方、すっきりした着物に対し内容過多の帯を合わせ、模様を補完するというコーディネートもあります。すっきりしたコーディネートも良いですが、そればかりだと飽きてきます。美術史でも曲線の時代と直線の時代が交互に来るものですから。

IMG_74782.jpg
いちばん上の写真は、織悦の袋帯「業平菱」を合わせてみました。とりあえずすっきり行ってみました。

IMG_74832.jpg
写真2番目は、帯屋捨松の袋帯「鳴子」を合わせてみました。手織りの高級バージョンです。現在このバージョンはすべて中国製ですが、これは昔の日本製で西陣手織協会の証紙があります。本金の引き箔の糸に加え、ラメ色に光る多彩なポリエステルフィルムの糸も多用しています。色彩も輝きも立体感も豊富です。

IMG_74812.jpg
写真3番目は、織悦の袋帯「若松彩文」を合わせてみました。縁起の良い根引松です。色は3色で明快ですし、並べ方も平明です。それもすっきりの要素ですね。

IMG_74842.jpg
写真4番目は、河合康幸の袋帯「花の丸文」を合わせてみました。太くふわっと撚った糸を緯糸として、浮かして模様を表現した唐織の様式です。唐織は立体感があるので、すっきりはしませんね。

IMG_74752.jpg
写真5番目は、龍村の袋帯「海老殻間道」を合わせてみました。すっきり派として間道を持ってきました。

IMG_74772.jpg
写真6番目は、織悦の袋帯「金更紗蔓花」を合わせてみました。金で縁取りした更紗の曲線模様はすっきりの反対ですが、これは色数も色調も抑えているので、中庸を得ているかというところ。

IMG_74762.jpg
写真7番目は、織悦の袋帯「栗枝繍文」を合わせてみました。私の好きな帯ですが、季節もテーマも限定されるためなかなか使うチャンスがありません。着物に意味がない時は、意味ありげな帯は使い放題ですね。
スポンサーサイト
[ 2017/03/05 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1308-a7300f7c