2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛の絽の付下げの帯合わせ

第三千六百七十回目は、千切屋治兵衛の絽の付下げの帯合わせです。

今日は龍村の絽の名古屋帯を合わせてみました。昨日と同じく、植物文の着物に対し帯で植物文を重ねても良いか、合わせて考えてみました。

IMG_61952.jpg
いちばん上の写真は、龍村の絽の名古屋帯「かすみびし」を合わせてみました。花菱文をつないだ文様で、水面に映って揺らいでいるような意匠になっています。花菱文は家紋そのものですから、それを隙間なく並べたら雰囲気が硬くなってしまいます。揺らいだ意匠にすることで、絵が軟らかくなったり、絵に動きが生じたりという効果があるのでしょう。

私としてはそれに加えて、水を連想させる効果があるように思います。着物の意匠が水辺の植物であれば、良い組み合わせになりますね。

IMG_61942.jpg
写真2番目は、龍村の絽の名古屋帯「風矢羽」を合わせてみました。矢というモチーフは、鏃が付いていれば殺生につながり茶事に使いにくかったりするので、この絵のように鏃のない表現をするのが普通です。矢羽の前後が擦れていて、風を感じる表現になっています。涼しさを狙っていますね。

IMG_61902.jpg
写真3番目は、龍村の絽の名古屋帯「風矢羽」を合わせてみました。上の色違いです。さりげなく合わせるばあいとコントラストを付けてくっきりさせるばあいですね。これは好き好きで。

IMG_61982.jpg
写真4番目は、龍村の絽の名古屋帯「清山文」を合わせてみました。伝統文様における遠山文のアレンジです。夏の朝の清澄な空気を感じる作品です。「朝の清澄な」と感じることができるのは、色に透明感があるからでしょう。やっぱり色は濁っちゃダメですよね。優れた作品は色が濁ってないもので、例えばルオーだって、黒でないところは意外に色が濁ってないです。

IMG_62012.jpg
写真5番目は、龍村の絽の名古屋帯「彩波」を合わせてみました。「いろは」と読みます。植物文を避け水の文様を合わせてみました。

IMG_61882.jpg
写真6番目は、龍村の絽の名古屋帯「涼流文」を合わせてみました。上の例と同じく水の文様を合わせていますが、こちらは具象的で睡蓮の葉のような植物文もあります。まあ許容範囲でしょうか。

IMG_62002.jpg
写真7番目は、龍村の絽の名古屋帯「夏蒐文」を合わせてみました。植物文を合わせてみました。着物と帯で模様が重ならないように、写生的な着物の植物に対し、帯の植物は丸めて意匠としたものを合わせてみました。どうしても植物文から逃れられないときは、写生的と意匠的で分けるという手もありますね。

植物の種類としては、藤と朝顔と萩で春から秋まで長いですが、これは絽の着物のモチーフとして藤が間違っているのでしょうがないですね。朝顔は季語で言えば秋ですね。
スポンサーサイト
[ 2017/02/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1303-b784d60a