千切屋治兵衛の飛び柄の小紋の帯合わせ

第三千六百六十六回目は、千切屋治兵衛の飛び柄の小紋の帯合わせです。

今日は染めの名古屋帯を合わせてみました。

IMG_82562.jpg
いちばん上の写真は、東京でつくられる堰出しの疋田と刺繍の帯を合わせてみました。堰出しの疋田とは、1粒ずつ糊筒で糊を置いて防染する疋田です。熟練した職人による精緻な仕事ですが、型疋田に比べれば微妙な揺らぎがあるはず。堰出しの疋田と刺繍を合わせたこのようなスタイルは、かつて千代田染繍により超高級黒留袖として制作されていました。それをダイジェスト風にまとめて帯にしたのがこの作品です。

制作しているのは千代田染繍ゆかりの人かもしれませんが、だれかわかりません。刺繍というのは設備が要らずアパートの一室でもできるので、結婚して工房を辞めた主婦などが内職で作っているんじゃないかと思います。その元締めになっている問屋は他の業者に参入させないため実際に制作している人を秘密にしているんじゃないでしょうか。

IMG_82932.jpg
写真2番目は、藤井絞の絞と更紗の帯を合わせてみました。絞により半分に染め分けられ(直線を絞るというのは難しいですね)、友禅で更紗が描かれていますが、主要な花のいくつかは絞りによる表現です。

IMG_82592.jpg
写真3番目は、秀雅の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは大松です。大きな楓を取り方にして中に海浜模様を入れてあります。ちいさな1枚の葉の中に大きな風景を入れてこそ意匠ですよね、大きなものの中に小さなものがあればただの自然ですから。

IMG_82952.jpg
写真4番目は、加賀友禅作家、村上堅正さんによる名古屋帯を合わせてみました。茶屋染の意匠の一部を上手く切り取って帯のお太鼓にしたものです。

IMG_83012.jpg
写真5番目は、加賀友禅作家、中町博志さんによる名古屋帯「砕」を合わせてみました。着物の模様が色紙で四角い形なので、帯の模様とシンクロさせて遊んでみました。
スポンサーサイト
[ 2017/02/24 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1299-a2973a1b