千切屋治兵衛の飛び柄の小紋の帯合わせ

第三千六百六十五回目は、千切屋治兵衛の飛び柄の小紋の帯合わせです。

飛柄の小紋に対する帯合わせは、袋帯でも名古屋帯でも、織りの帯でも染めの帯でも大丈夫です。しかし実際に合うかどうかは個別に判断する必要があります。今日は西陣の織の帯で合わせてみます。

IMG_76692.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「印度耀華文」を合わせてみました。龍村の袋帯と言えば、引き箔をたくさん使ったフォーマルを思い浮かべがちですが、これは袋帯でありながらカジュアルにも使えるシリーズです。龍村の新作発表会には、国別にテーマを決めるばあいがあり、これはインドの時に発表されたものです。

IMG_76702.jpg
写真2番目は、洛風林の袋帯「名物小枝文」を合わせてみました。小付けの唐草文と宝尽くしを合わせた意匠ですが、名物裂の「大黒屋金襴」をほぼ写したものです。本歌は黒地に金糸ですから、色は全く違いますし雰囲気も違います。青は絹糸ですが、茶に見える模様は暗赤色のポリエステルのフィルムです。全然違う素材の組み合わせで不自然化と思うのですが、人間の目で見ると自然なタッチに見えてしまって不思議です。

IMG_85112.jpg
写真3番目は、河合康幸の袋帯を合わせてみました。松葉と松ぼっくりの組み合わせです。「松」というテーマは植物文の中でも格式ばった感じがしますが、松ぼっくりの形のとぼけた雰囲気のおかげで、カジュアルにも使える気がします。

IMG_76682.jpg
写真4番目は、龍村の名古屋帯「双鳥繍華文」を合わせてみました。上の3つの組み合わせは、小紋に対し袋帯だったので、袋帯の意匠は比較的カジュアルな雰囲気のものを選びました。ここから下は名古屋帯で、本来の小紋の相手なので、雰囲気に関係なく合わせていきます。

タイトルに「繍」の文字があるので、本歌は刺繍作品ということがわかります。本歌が刺繍と思えば、織りらしいパターンが無く自由なデザインであることが納得できます。

IMG_76672.jpg
写真4番目は、龍村の名古屋帯「麗葉果」を合わせてみました。「麗葉果」はおそらくグアバの意味でしょう。南洋の植物を中国語で言うとこんな文字になるのではないかと思います。台湾が産地ですし。写実というより、水墨画で描いたようなタッチで、それを引き箔を多用して西陣らしい豪華なタッチに変えています。

IMG_76662.jpg
写真5番目は、龍村の名古屋帯「飛鳥間道」を合わせてみました。法隆寺に伝来する蜀江小幡に使われている裂に取材しています。本歌は赤い裂ですがモダンな色に替えています。
スポンサーサイト
[ 2017/02/23 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1298-71d04e5b