千切屋治兵衛の飛び柄の小紋

第三千六百六十四回目の作品として、千切屋治兵衛の飛び柄の小紋を紹介します。実際に制作したのは大和さんです。

技法は手挿しです。輪郭だけが型で、中の色は手で染められています。糸目型または型糸目ということもあります。地色は茄子紺です。

IMG_70262.jpg
いちばん上の写真は、反物の幅を写真の幅として撮ったものです。

IMG_70322.jpg
写真2番目以後は、飛び柄を1つづつ撮ってみました。模様は5種類で、それが色違いになって繰り返します。

IMG_70292.jpg

IMG_70332.jpg

IMG_70352.jpg

IMG_70312.jpg

IMG_70342.jpg
写真7番目は、6番目の色違いです。5種類の模様それぞれが、繰り返すたびに色違いになっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1297-97ef4c5b