2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

奥順の「結城紬縮織り」の帯合わせ

第三千六百五十一回目は、奥順の「結城紬縮織り」の帯合わせです。

今日は普通の帯(秋~冬~春に締められる帯)のうち薄手で涼しげなものを、単衣の着物に対する帯として使用する例です。

IMG_80992.jpg
いちばん上の写真は、深石美穂さんの川平織の帯を合わせてみました。生繭を使用した帯で、しっとりした手触りがあります。薄手で強靭でしなやかな感じです。一見格子のようですが、よく見るといくつかの場所で格子が消えています。つまり絣なんですね。

絣と言ってもこの作品のように微妙に消えるぐらいであれば、配色が上手ければ格子でも絣でもたいして変わらないように思えてしまいます。しかし制作者からすれば、格子と絣では手間が全然違います。そんな微妙なことにすごく手間をかけているんですね。

IMG_81052.jpg
写真2番目は、深石美穂さんの川平織の帯を合わせてみました。生繭を使用した帯で、しっとりした手触りがあります。大胆でおおらかとしか言えないような大きい絣です。このような意匠は、琉球王家の官服の注文見本である御絵図帳にあり、南国沖縄の美点であるおおらかなデザインと理解されていますから、伝統に忠実とも言えるんですね。

絣が交わる部分は花織が加えられています。凝ったものですが、これは創作だと思います。

IMG_81092.jpg
写真3番目は、深石美穂さんの川平織の帯を合わせてみました。生繭を使用した帯で、しっとりした手触りがあります。経絣の夜幾何学模様です。心の中で模様をタテにずらしていくとすべての模様が重なるでしょう。もともと経絣は経糸をずらして作られているものだからです。それ以外に黄色い縞が有りますが、なんとこの黄色い線は縞ではなくロートン織なのです。びっくりしますねえ。

IMG_81542.jpg
写真4番目は、丹波市の名古屋帯を合わせてみました。木綿の帯ですが一部に絹を使用しています。ちょっとざっくりした風合いがあって、風が通り抜けそうな感じもします。

IMG_81592.jpg
写真5番目は、秋山真和さんの浮織の袋帯を合わせてみました。紋織部分と緯糸でつながる部分がグラデーションになっていて、明らかに花織の特徴を備えています。しかし裏を見ると渡り糸が有って、じつは地の組織とは別の色糸を差し入れた浮織なんですね。作家は嘘をつきます。ユーザーをだまして喜んでいる感じです。ミステリー作家が、思わぬ人を犯人にして読者をあっと言わせるのと同じだと思います。

IMG_80212.jpg
写真6番目は、野口の染めの名古屋帯を合わせてみました。薄手ですがしっかりした紋織の生地をぼかし染めした帯です。凹凸の大きい紋織なので、染料の含みに違いが出ます。そのためにグラデーション効果が最大限に発揮され、ぼかしの長さも長くなっています。無彩色であることも単衣用には有利ですね。
スポンサーサイト
[ 2017/02/09 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1284-9e548820