2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

龍村の名古屋帯「飛鳥間道」の帯合わせ

第三千六百三十七回目は、龍村の名古屋帯「飛鳥間道」の帯合わせです。

今日は染めの着尺(小紋)に合わせてみます。染めの着物は、織りの着物よりも色も模様もバリエーションがありますから、考えることは多いです。

IMG_79782.jpg
いちばん上の写真は、野口の着尺を合わせてみました。色を同系にしてみました。帯の制作者はペパーミントグリーンのさわやかさを狙っているわけですから、着物でその世界観を壊すことのないようにしてみました。模様については、帯の繧繝の直線に対し、更紗の曲線を持ってきて対抗させてみました。

政府の経済政策というのは、金融緩和なら緊縮財政というように反対のものをミックスするものですが、帯合わせもそのようなもので、色が同系なら形は曲線に対し直線というような反対のものをミックスするものですね。

IMG_79812.jpg
写真2番目は、野口の着尺を合わせてみました。横段模様の着尺で、細かく並んで見えるのは梅の花です。地色はしぼの大きい縮緬地に、染料をたっぷり含んだように見える重い水色です。爽やかで透明感のある水色なのですが、なぜか重く感じるんですね。それはしぼの大きい縮緬の効果なんでしょうか。

IMG_79852.jpg
写真3番目は、藤井絞の絞の着尺を合わせてみました。楓模様の全体の絞です。作品をじっと見ていると気が付くのですが、楓を絞っているのではなく、楓の透き間を絞っているんですよね。その形を見ると、角がくっきりしていますし鋭角もあります。そういうところが絞りの技術の見どころですね。

IMG_79862.jpg
写真4番目は、野口の着尺を合わせてみました。意匠は、世間では大胆ながら野口では普通の市松パターンです。しぼの大きい縮緬をつかった濃厚な色彩の着尺で、この重い色が京都の文化の一部である老舗野口のイメージですね。

IMG_79882.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の着尺を合わせてみました。生地は紬地で、笹模様を市松のパターンに配した着尺です。地色は年輩者向きですし、笹模様も古典ですから平凡ですが、市松パターンということで多少の冒険もあり、ちょうど良いバランスだと思います。

IMG_79892.jpg
写真6番目は、千切屋治兵衛の着尺を合わせてみました。帯に対して着物の地色は補色関係、着物の模様は同系色としてみました。
スポンサーサイト
[ 2017/01/26 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1270-c7751417