2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

千切屋治兵衛の付下げ「小付け桜楓の丸」の帯合わせ

第三千六百二十九回目は、千切屋治兵衛の付下げ「小付け桜楓の丸」の帯合わせです。

今日は染め帯で合わせてみます。友禅というのは絵画性が高いですから、友禅の帯に友禅の着物を合わせると、絵画的な模様どうしが重なってしつこくなってしまいます。今回の付下げのように、刺繍だけ、テーマも桜と楓だけでほとんど展開していかない、ということであれば絵画性は低いですから、友禅の帯で絵画性を補完してやることで、バランスのとれたコーディネートになる可能性が高いです。

IMG_59702.jpg
いちばん上の写真は、橋村重彦さんの玉紬のような生地の名古屋帯を合わせてみました。琳派様式の四季の花を並べた帯です。橋村さんはいろんな作品に琳派の草花図に取材した植物文を描いていますが、それらの植物文のうち、私が気に入ったものを並べて描いてもらったものです。複数の作品のいいとこどりをした作品ですね。本来なら真っ先に売れるはずですが、意外に残っているのが不思議。

IMG_59722.jpg
写真2番目は、加賀友禅作家、中町博志さんの塩瀬地の名古屋帯「野蒜」を合わせてみました。上手い絵というのは、対象を描きつつその場の空気や湿度も描いてしまうものだと思います。この野蒜は葉が自然な緑でなく、小袖の伝統的な色彩表現を採用していて、その点では写生的とも言えないのですが、爽やかな空気が流れてくるような気がします。

IMG_59732.jpg
写真3番目は、野口の縮緬地の名古屋帯「貝桶」を合わせてみました。実際に制作したのは橋村重彦さんです。江戸時代の小袖や袱紗に描かれた貝桶模様に取材したもので、当時の豪華な雰囲気をかなり忠実に伝える重厚な友禅です。絵画的には美しいですが、1つの貝は1つにしか合わないという貝桶のテーマは「夫婦仲良く、絶対不倫なんかしないよ」ということですから、背負って歩くのはちょっと照れ臭い?、

IMG_59742.jpg
写真4番目は、花也の塩瀬の名古屋帯「流れに槇」を合わせてみました。槇はダンマル描きと金彩と金糸の刺繍で描かれています。暈しとダンマル描きを併用することで、夢幻的な雰囲気になっていますが、その一方、砂の表現は小さい点々でありながら、糊糸目の友禅でくっきり防染されているので、全体を引き締める役割をしています。

IMG_59762.jpg
写真5番目は、花也の塩瀬の名古屋帯「半円取り柳に笹」を合わせてみました。柳の葉は線描き友禅で、糊による飛白を楽しむ様式ですね。
スポンサーサイト
[ 2017/01/18 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1262-950ecb53