2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千總の飛び柄の着尺の帯合わせ

第二千五百六十三回目は、昨日の続きで千總の飛び柄の着尺の帯合わせです。

昨日の千總の飛び柄の着尺の帯合わせの続きです。今日は袋帯を使ってみます。袋帯を使うということ自体、フォーマル寄りのコーディネートを狙った帯合わせですが、袋帯の中でも豪華なものもさりげないものもありますので、使い分けによって、フォーマル度を調整したいと思います。

着物を着て行く場は、結婚式、超豪華イベント、普通のパーティー、食事会など、結構さまざまです。着物が本来持っている格を、帯合わせで調整したり、小物で微調整したりできると、達人と言われるようになると思います。


IMG_6886.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「有朋文」(鳥獣戯画に対し、龍村が付けたタイトル。兎と蛙が友達ということなんでしょうか。)を合わせてみました。フォーマル寄りかカジュアル寄りかということですが、私の感覚では中庸を得たところではないかと思います。

着物の意匠は、扇面の飛び柄で、中に道長取りという上品でまじめなだけの古典ですから、古典ながらマンガの元祖である鳥獣戯画を組み合わせることで、着る人の器もちょっと大きく見えるかな、という帯合わせです。

IMG_6885.jpg
写真2番目は、北尾(証紙番号7)の綴の袋帯を合わせてみました。北尾の綴は、本来の爪掻綴ではなく、地が綴組織で模様は絵緯糸による表現をしたものです。

着物の扇面内部の道長取りを意識して、道長取りの意匠の帯を合わせてみました。模様を重ねているわけですが、外見ですぐにわかる扇面ではなく、しばらく見てから気づく中身の模様にしてみました。

IMG_6883.jpg
写真3番目は、洛風林(織ったのは帯屋捨松)の袋帯を合わせてみました。表面的な形だけを見れば、亀甲文が並んでいるだけの意匠ですが、配色だけで十分に個性的にしてしまうのが、さすが洛風林だと思います。

この千總の小紋は、大人しそうに見えて扇面内部が意外に多彩ですが、帯は、その多彩に合わせてみました。

IMG_6880.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯を合わせてみました。昨日、模様を重ねるのは野暮と書きましたが、扇面と扇子を重ねています。「フィーリングカップル5対5」の5番目の人のような気持ちで載せてみました。

全く同じ模様ではなく、開いているのと、閉じているので違いますが、やはりあまりやってはいけませんね。
スポンサーサイト
[ 2013/12/09 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/125-5be02c85