一の橋の名古屋帯「丸取枝桜」の帯合わせ

第三千六百十七回目は、一の橋の名古屋帯「丸取枝桜」の帯合わせです。

今日も付下げに合わせてみました。昨日は「波」という便利な脇役に逃げましたが、今日は違うテーマにチャレンジしてみます。

IMG_73581.jpg
いちばん上の写真は、花也の付下げ「竹林」を合わせてみました。竹林をテーマにしていますが、葉が全くなく、実質的には直線を並べた幾何学模様といえるかもしれません。竹は白揚げで、竹の節は多色の糸の刺繍です。

帯合わせとしては、意味的には竹と桜という花のある植物と花の無い植物の組み合わせ、形状的には丸と直線の組み合わせということになります。

IMG_73531.jpg
写真2番目は、野口の付下げ「花簪」を合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。花簪というのは、簪に生花を付けたものを意味することもありますが、京都の伝統文化であるつまみ簪をイメージしたものだと思います。単価の高い倉部さんの刺繍作品ですから、美しいけれど模様面積は広くなく、小さな刺繍模様が飛び柄になっている作品です。帯の桜で華やかさやエンタメ性を加えています。

IMG_73621.jpg
写真3番目は、一の橋の付下げ「孔雀」を合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。これも単価の高い倉部さんの作品なので、美しいけれど模様面積は広くありません。このような作品は、分る人には分かりますが、パーティーで引き立つようなエンタメ性がないですね。その部分を帯に補完してもらいました。孔雀と桜という組み合わせは定番ではないですが、一応花鳥ということで。

IMG_73671.jpg
写真4番目は、一の橋の付下げ「柳に蹴鞠」を合わせてみました。写真でも生地の地紋が見えますか?複雑な地紋のおかげで、染料の浸み込みに差が生じ、それがグラデーション面積を広くしています。作品の主役は、柔らかい色とグラデーションが生み出す夢幻的な雰囲気です。桜と柳の組み合わせは、土佐光起の屏風にも有るので、正統な組み合わせなんじゃないかと思います。

IMG_73681.jpg
写真5番目は、花也の付下げ「一方付けシダ文」を合わせてみました。もともと羊歯模様が一方付けの地紋になった地紋無地の着物でしたが、その地紋に沿って手描きで糊置きして白揚げ友禅とし、さらに主要箇所に刺繍を加えた作品です。地色は淡いピンクで、帯の桜に不足しているピンクを着物で補うようにしています。
スポンサーサイト
[ 2017/01/06 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1249-a032ba5c