一の橋の名古屋帯「丸取枝桜」の帯合わせ

第三千六百十五回目は、一の橋の名古屋帯「丸取枝桜」の帯合わせです。

昨日は染めの着尺に合わせてみましたから、今日は紬に合わせてみます。

IMG_72502.jpg
いちばん上の写真は、結城紬の無地を合わせてみました。文化財の要件を満たすものではありません。桜と言えばピンクのイメージですが、この気品ある帯は、安易にピンクなんか使っていませんよね。そこで着物をピンクにしてみました。

IMG_72611.jpg
写真2番目は、新田機業の紅花紬を合わせてみました。紅花もピンクのイメージですが、紅花は、紅の他に水溶性の黄色の染料も持っています。それに藍染を合わせると色の三原色を得ることができます。それで理論上、全ての色がつくれるわけです。紅花紬を名乗る紬で、緑や黒や焦げ茶があるのはそのためです。

IMG_72531.jpg
写真3番目は、佐藤トシの南部紬を合わせてみました。岩手県岩泉町で織られていた草木染で手織りの紬です。今も織られているか、近年作品を見ないのでよくわかりませんン。この作品は胡桃と藍を使っています。

IMG_72511.jpg
写真4番目は、小岩井工房の上田紬を合わせてみました。草木染で手織りの紬で、そう書くと素朴なイメージですが、実際は写真で見るとおり洗練されたイメージです。

IMG_72622.jpg
写真5番目は、秦荘紬を合わせてみました。秦荘町の名を取っていますが、今は合併で愛荘町になっています。秦荘町もまたそれ以前に合併でできた町で、もともとは秦川村です。「秦」の地があると帰化人を連想させ、古代からの織物の里、という感じがします。近江上布の産地で、その技術で紬を織ったのが秦荘紬でしょう。

IMG_72761.jpg
写真6番目は、大城広四郎の琉球絣を合わせてみました。帯の金彩に対して、沖縄の福木の黄色を合わせてみました。

IMG_72701.jpg
写真7番目は、郡上紬を合わせてみました。草木染で手織りの紬ですが、洗練された作品が多いです。着物も帯も洗練どうしの組み合わせです。
スポンサーサイト
[ 2017/01/04 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1247-ca88c83d