2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛の付下げ「丸取正倉院模様」(実際に制作したのは藤岡さん)の帯合わせ

第三千六百八回目は、千切屋治兵衛の付下げ「丸取正倉院模様」(実際に制作したのは藤岡さん)の帯合わせです。

今回の着物は正倉院模様がテーマなので、帯も正倉院御物をテーマにして、意味的な統一感を持たせてみました。

IMG_59901.jpg
いちばん上の写真は、紫絋の袋帯「臈纈花鳥文」を合わせてみました。タイトルは「臈纈」ですが、刺繍、挟纈など正倉院の染色品をいろいろ含んで、創作的にコラージュしています。

IMG_59881.jpg
写真2番目は、大西勇の袋帯「正倉院象文」を合わせてみました。正倉院御物である臈纈屏風に取材したものです。正倉院の染織品は、織物は精緻ですが、臈纈は素朴なタッチでそれが面白いです。この帯は織物ですが、臈纈の素朴な輪郭線を再現しています。

IMG_59871.jpg
写真3番目は、龍村の名古屋帯「木画狩猟錦」を合わせてみました。正倉院御物である「紫檀木画琵琶」の撥が当たる部分の意匠に取材したものです。正倉院御物の琵琶はいくつかあり、「五弦の琵琶」がいちばん有名なので、私も時々勘違いしてしまうのですが、これは別の琵琶、先日紹介したヴィトンのバッグそっくりの模様が有る琵琶もまた違う琵琶です。

「五弦の琵琶」の撥が当たる部分は、駱駝に胡人が乗っている絵の螺鈿で、それもまた龍村の帯の意匠になっています。またそれぞれの琵琶の裏側の模様も、すべて正倉院の華文として帯の意匠になっていますから紛らわしいですね。

IMG_59992.jpg
写真4番目は、龍村の光波帯「花鳥梅花文錦」を合わせてみました。

IMG_60022.jpg
写真5番目は、龍村の名古屋帯「獅噛太子」を合わせてみました。正確には正倉院御物ではなく、法隆寺裂である「太子間道」に取材したものです。獅噛の顔に見えるようにアレンジしたのは龍村です。

IMG_59822.jpg
写真6番目は、龍村の名古屋帯「飛鳥間道」を合わせてみました。正確には正倉院御物ではなく、法隆寺裂である「蜀江小幡」に使われている裂です。本歌は赤い裂ですが、着やすい色に変換してあります。

IMG_60011.jpg
写真3番目は、龍村の光波帯「太子菱繋菱文」を合わせてみました。ちょっと見ただけではわかりませんが、じつは上の写真と同じ「蜀江小幡」に取材したものです。アレンジが違うとかなり違って見えるものですね。
スポンサーサイト
[ 2016/12/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1240-0ace0b5a