河合美術の袋帯「能寿蜀江天平華文」と「能寿新立枠(立涌)八方華文」の帯合わせ

第三千五百九十八回目は、河合美術の袋帯「能寿蜀江天平華文」と「能寿新立枠(立涌)八方華文」の帯合わせです。

今日も振袖に合わせてみました。たまに振袖の問い合わせもありますので、機会があるときに、在庫の振袖も披露しておきたいと思います。絞りの振袖を中心に集めてあります。

IMG_55741.jpg
いちばん上の写真は、藤井絞の振袖を合わせてみました。絞りの産地でいちばん有名なのは、有松(愛知県)ですが、藤井絞は京都の絞りです。有松の絞りは全体が疋田で埋められているようなものが多いですが、京都の絞りは絞り自体の面積は少なく余白がある意匠が多いです。

そのかわり1つ1つの絞りが辻が花的に形を表現しています。また京友禅の職人と一緒の産地にいるということで、色も京友禅的ですね。梅だけにテーマを絞ったこの作品もそうですが、意匠も優れています。どちらかというと手間を積み重ねるというよりは、頭を使った感じです。そのことが優れている点は、外国に外注することも意義が少なく、今も京都市内で作られているということです。

IMG_61271.jpg
写真2番目は、竹田庄九郎の振袖を合わせてみました。百貨店などでも売られている標準的なものです。木綿の糸で4巻きされていると言われます。有松絞の創始者の名を取った「竹田庄九郎」というブランドは、竹田嘉兵衛という有松を代表する会社のブランドです。「藤娘きぬたや」というのも有名ですが、それも有松のブランドです。

多色で全体を絞りで埋めた振袖は、最近は福原愛さんが着ていましたよね。あれは藤娘きぬたや製だそうです。

IMG_61211.jpg
写真3番目は、竹田庄九郎の振袖を合わせてみました。本疋田といわれるもので、中心のポチが小さく立体的なのが特徴ですが、絹糸で多数巻きされているからです。普通のものより値段がかなり高く、単色が多いですね。

IMG_61661.jpg
写真4番目は、佐藤昭人の阿波藍を使った絞りの振袖を合わせてみました。藍のすくもを作ったのは阿波藍の佐藤昭人さん、絞りが竹田庄九郎、染は阿波の矢野工場と思います。藍染の600年展という展覧会で、イメージ作品として中央に展示されていたものです。意匠は、孔雀が1羽だけです。

IMG_55711.jpg
写真5番目は、松井青々の振袖を合わせてみました。バブル時代に大人気だった松井青々のバブル時代の文化を代表するような作品です。全体は桶絞りで、友禅と箔も加えたもの。バブル時代というと成金的な作品のように思うかもしれませんが、実物は豪華で上品です。どの文化に属するものでも、頂点にあるものは上品なものですね。
スポンサーサイト
[ 2016/12/18 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1230-144c50b5