2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

千切屋治兵衛の付下げ「春草木」(実際の制作は中井亮さん)の帯合わせ

第三千五百九十五回目は、千切屋治兵衛の付下げ「春草木」(実際の制作は中井亮さん)の帯合わせです。

今日は染めの帯を合わせてみます。

IMG_68702.jpg
いちばん上の写真は、東京の刺繍と堰出しの疋田の帯を合わせてみました。堰出しの疋田とは、絞りの疋田でも描き疋田でも型疋田でもなく、糊筒で1粒ずつ糊を置いていく疋田です。職人さんはみな巧みですから、疋田の列が乱れるようなことはありませんが、1粒ずつ置くことで微妙な揺らぎがあれば、それが手仕事の味わいということになるでしょう。実際には見えるほど揺らぐことはないですが。

刺繍と堰出しの疋田を合わせるのは、かつての千代田染繍の黒留袖の様式を思わせますが、今回の作品は黒留袖のミニチュアのような意匠です。着物は友禅なので、友禅以外の技法の帯を合わせるとともに、付下げに合わせるために名古屋帯ながら模様もフォーマルなものを選んでみました。

IMG_68662.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の友禅と型疋田の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは藤岡さんです。春の模様の着物に雪の模様の帯を合わせることで、季節をちょっと戻し早春のコーディネートにしてみました。着物は友禅で絵画性が高いですから、帯は絵画性の低いものを選んでみました。

IMG_68622.jpg
写真3番目は、花也の友禅と箔と刺繍の名古屋帯を合わせてみました。中井淳夫さんの作風を引き継ぐもので、実際に作業をした職人さんも同じでしょう。茶色く見える霞部分は、友禅できつい赤茶色に染められていて、その上を箔で覆って色を抑えています。さらのその上に縁蓋でシダを描き、さらに金糸の刺繍を加えています。着物は友禅ですから、帯は箔と金糸の刺繍という金色で合わせてみました。

IMG_68602.jpg
写真4番目は、花也の友禅の名古屋帯を合わせてみました。これも中井淳夫さんの作風を引き継ぐもので、実際に作業をした職人さんも同じでしょう。千切屋治兵衛の友禅と型疋田の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは藤岡さんです。友禅に友禅を重ねる帯合わせですし、さらに桜に梅を重ねるということで、けっこう無茶をしています。それでもそれほど違和感がないならば、それは中井さんの甥と中井さんの職人さんのおかげですから、やはり中井さんのおかげですね。。

IMG_68642.jpg
写真5番目は、野口の友禅の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは橋村重彦さんです。橋村さんはかつて中井淳夫さんの彩色担当ですから、これも中井を引き継ぐ作風です。絵画性の高い友禅の着物に、さらに絵画性の高い友禅の帯を合わせるという強引な帯合わせです。
スポンサーサイト
[ 2016/12/15 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1227-6e5f5e6d