高野松山の堆朱の帯留の帯合わせ

第三千五百八十八回目は、高野松山の堆朱の帯留の帯合わせです。

今日は西陣の帯や綴の帯に合わせてみます。昨日は各地の紬絣に合わせるという企画だったので、今日な京都の織の文化に合わせる企画です。

IMG_67352.jpg
いちばん上の写真は、織悦の袋帯「遠山桜楓」を合わせてみました。桜の部分は本金の引き箔、楓の部分は漆(本漆かラッカーかはわからない)の引き箔になっています。桜の金が暗く見えるのは、緯糸である平金糸に対し、経糸が黒い絹糸で、両者が交って平均の色に見えているからで、沈金に見せているわけなんですね。

一方の平漆糸の楓は螺鈿に見えることを狙っていますから、この帯のテーマは沈金螺鈿を織物で再現するということです。その上に本物の堆朱を乗せてみたということでだまし絵的な効果を狙っています。

IMG_67361.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯「光琳水」を合わせてみました。尾形光琳の「紅白梅図」の中央を流れる水のパターンだけを帯の意匠にしたものです。梅の模様の訪問着に合わせれば「紅白梅図」がつくれますし、桜の訪問着に合わせれば「桜に流水」がつくれますから、レゴのパーツのように使いこなせば楽しい帯です。

織悦は全通なので、腹文の模様は横倒しになってしまいます。普段は気にならないですが、魚を合わせようと思うと残念ですね。

IMG_67801.jpg
写真3番目は、梅垣織物の袋帯「蒔絵花鳥文」を合わせてみました。梅垣の最高級バージョンの1本です。蒔絵作品を織物で再現した作品ですが、その上にホンモノの蒔絵を置くというだまし絵的な合わせ方をしてみました。

IMG_67651.jpg
写真4番目は、細見華岳の綴の名古屋帯を合わせてみました。細見華岳の作品は、伝統工芸展に出品する幾何学的な模様の作品と、一般の問屋を通して販売するやや具象的なテーマの作品がありました。私が初めて細見華岳を知ったのは伝統工芸展でですから、仕入れる時はいつも伝統工芸展風のを買っていました。以下3通り試していますが、この帯留は、いかにも公募展の監・審査委員が好きそうなモダンな抽象柄にも合うことがわかりました。 

IMG_67671.jpg
写真5番目は、細見華岳の綴の名古屋帯を合わせてみました。

IMG_67691.jpg
写真6番目は、細見華岳の綴の名古屋帯を合わせてみました。
スポンサーサイト
[ 2016/12/08 ] 小物と小物合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1220-acafc410