高野松山の堆朱の帯留の帯合わせ

第三千五百八十六回目は、高野松山の堆朱の帯留の帯合わせです。
塗りの帯留は、夏帯に使ってはいけないのでしょうか。たしかに夏は水晶の帯留などが涼しげに見えて良いですが、塗りではダメを言う決まりはないと思います。それなら試してみようというのが今日のテーマです。夏帯は流水の意匠が多いですから、魚の帯留が使えないのはもったいないですし。

IMG_67251.jpg
いちばん上の写真は、龍村の絽の名古屋帯「涼流文」を合わせてみました。睡蓮の池に魚が泳ぐというテーマの作品です。風景の中にはめこむように合わせてみました。意味を合わせる帯合わせということでは、これ以上のことはできないでしょう。乾坤一擲みたいな帯合わせです。

IMG_66531.jpg
写真2番目は、龍村の絽の名古屋帯「彩波」を合わせてみました。「彩波」は「いろは」と読みます。彩が付くわりには、黒地で単彩の波です。よく見ると微妙に金や水色の糸が使われています。珍しい気象現象として彩雲というのがあり、とても美しいものとされていますが、それを波に置き換えたように思います。

タテに見える線は、渡り糸が絽の透き間から見えているもの、腹文で渡り糸の向きと絽の透き間の向きが一致してしまうもので、お太鼓ではこういうことはありません。組織の宿命ですね。

IMG_66591.jpg
写真3番目は、龍村の絽綴の名古屋帯を合わせてみました。絽綴は本来、きわめて趣味性が高い高級品ですが、安い中国製が氾濫しイメージが悪くなっていましたが、龍村が日本製のホンモノを制作してくれました。この作品は水に流れる葉がテーマで、青が効果的に使われています。水流に魚が加わったイメージです。

IMG_67201.jpg
写真4番目は、花也の絽縮緬の名古屋帯「半円取り柳」を合わせてみました。普通の絽よりも前後に着る時期が長い絽縮緬を使っています。柳は水辺に生えるものですが、この作品では水は描かれていません。魚で水辺を暗示してみました。

IMG_66581.jpg
写真5番目は、花也の変わり織の絽の名古屋帯「波」を合わせてみました。抽象的にも見える波が友禅と刺繍で描かれた帯です。黒地ということで選んでみました。

IMG_66551.jpg
写真6番目は、野口の絽の名古屋帯「塩釜」を合わせてみました。塩釜は古代の製塩風景で、須磨明石などで多く行われていたため、歌枕としてしばしば登場します。百人一首の藤原定家の歌が有名ですね。江戸時代後期に文芸テーマの小袖が流行りましたが、この帯はその実在の小袖の意匠をほぼ写して帯にしたものです。

帯留の双魚が海水魚は淡水魚かわかりませんが、海の関連と、それとなにより見る人の教養を試すような文芸テーマの格の高い雰囲気に合わせてみました。
スポンサーサイト
[ 2016/12/06 ] 小物と小物合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1218-82bbd9c9