2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

龍村の名古屋帯「双鳥繍華文」の帯合わせ


第三千五百七十九回目は、龍村の名古屋帯「双鳥繍華文」の帯合わせです。

今日は紬を合わせてみます。

IMG_49201.jpg
ちばん上の写真は、山口良子さんの首里織に合わせてみました。福木で染められた糸で織った着尺です。草木染と言えば滋味な色のイメージで、それを草木染らしい色なんて言っちゃたりしますが、成功した草木染というのはこんな輝くような色になるものと言う例です。

組織としては、地の糸が変化して紋織を形成する花織と、地に別の色糸を差し入れて紋織を形成する浮織を併用しています。どちらも首里織として伝来する組織ですね。花織部分は当然黄色ですが、浮織部分は藤色です。

IMG_49231.jpg
写真2番目は、仲井間香代子さんのロートン織を合わせてみました。ロートン織は両緞織と表記しますが、裏表両面とも経糸が浮いて紋織を形成し全く同じに見える不思議な織物です。種明かしをすれば、経糸を2つに分けてその間を緯糸が通っているんですね。

IMG_49171.jpg
写真3番目は、与那国花織を合わせてみました。首里織と同じく、地の糸が変化して紋織を形成する花織が特徴です。花織は、紋織部分の色と地色とはグラデーション関係になりますが、与那国花織は、特にグラデーション効果を生みやすいデザインになっています。

IMG_49121.jpg
写真4番目は、小岩井工房の上田紬を合わせてみました。草木染で手織りの紬で、そう書くと素朴なイメージですが、実際は写真で見るとおり洗練されたイメージです。民芸調の織物の帯より、洛風林みたいな都会的な帯が合いそうですが、龍村のエキゾチックものも合いそうですよね。

IMG_49341.jpg
写真5番目は、かつての重要無形文化財の証紙がある結城紬を合わせてみました。基本の藍染で蚊絣の着尺です。結城紬はかつては重要無形文化財で、文化庁の証紙があったわけですが、今はグレーの組合の証紙だけです。無形文化財の要件によれば、絣は手括りの防染によらなければいけなかったわけですが、そのばあい、濃い地に薄い色の絣ならいいのですが、薄い地色に濃い色の絣はできないはずです。

しかし、ユーザーからすれば淡い地色の結城紬も欲しいです。産地はお客さまを大事にし過ぎたというところでしょうか。今回のように藍染で、細かい亀甲でない絣の結城だけ負っていれば問題なかったと思います。

IMG_49301.jpg
写真6番目は、織悦の着尺を合わせてみました。西陣織と言えば、現在は袋帯がメインですが、元々は着尺を織っていました。これは織悦という帯の人気ブランドが織った着尺というところが魅力です。組織は経錦です。
スポンサーサイト
[ 2016/11/29 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1211-06c22b63