2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の名古屋帯「双鳥繍華文」の帯合わせ

第三千五百七十八回目は、龍村の名古屋帯「双鳥繍華文」の帯合わせです。

今日は染めの着尺(小紋)に合わせてみます。

IMG_52711.jpg
いちばん上の写真は、野口の着尺に合わせてみました。蝋染めの手描きの格子で、これはたいていの帯に合いますから、とりあえず失敗のない帯合わせです。

IMG_52651.jpg
写真2番目は、野口の着尺に合わせてみました。蔓に鳥がいるという更紗風の曲線模様の帯ですから、更紗の着物に合わせるのは、柄を重ねることになってタブーだと思います。ここでは縞更紗を合わせてみました。更紗でも曲線ではないんです。

IMG_52761.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の着尺に合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。ここではタブーである曲線模様どうしを重ねてみました。更紗模様が飛び柄になった着尺で、帯の周囲はかなりの面積が余白になります。これで少しは緩和されたでしょうか。

IMG_52691.jpg
写真4番目は、野口の着尺に合わせてみました。大きい模様でしかも余白の無い総柄の着尺です。しかも葡萄という蔓植物。言葉で書くと絶対ダメという気がしますが、写真を見ると、そこそこ許せるかという気もします。

IMG_53911.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の着尺に合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。「横棒霞」です。

IMG_53921.jpg
写真6番目は、千切屋治兵衛の着尺に合わせてみました。実際に制作したのは大和さんです。「花菱入霞」です。この2反を比較すると、私は「横棒霞」の方が存在意義がはっきりして打て好きですが、帯合わせをして見ると「花菱入霞」の方が使い勝手が良いですね。
スポンサーサイト
[ 2016/11/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1210-b7c79f39