龍村の名古屋帯「双鳥繍華文」の帯合わせ

第三千五百七十七回目は、龍村の名古屋帯「双鳥繍華文」の帯合わせです。

私は龍村の名古屋帯は、セミフォーマルからカジュアルまで(付下げ~小紋~紬)、幅広く合わせることにしています。今日は付下げです。

IMG_53391.jpg
いちばん上の写真は、大羊居の付下げ「菱取り花文」を合わせてみました。高島屋か松坂屋で展示会をするときは、かならず「大羊居龍村展」と合同でしますから、それに倣って大羊居を合わせてみました。帯は鳥と曲線ですから、それを避けて直線と花にしてみました。

IMG_53311.jpg
写真2番目は、花也の付下げ「槇」を合わせてみました。俵屋宗達の「槇檜図屏風」に取材した着物は数多いですが、これもその1枚で、白揚げの友禅で薪を縦長に描いています。槇というのは針葉樹で直線的ですから、帯の曲線模様との取り合わせは良いと思います。

IMG_52851.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の付下げ「吹寄せ」を合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。着物は小付けの刺繍であっさり上品ですから、「多色+曲線+動物」という濃厚なテーマの帯と合わせてみました。

IMG_53471.jpg
写真4番目は、一の橋の付下げ「正倉院螺鈿華文」を合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。倉部さんの箔の技術で正倉院の螺鈿細工に迫ってみました。本歌は漆と貝と瑪瑙ですが、金箔と顔料で写しています。

IMG_53451.jpg
写真2番目は、花也の付下げ「雪輪取りサンテチエンヌリボン」を合わせてみました。雪輪は友禅で、雪輪内部が刺繍と箔です。サンテチエンヌはフランス内陸部の県でリボンの産地として知られています。そのリボンの伝統的なデザインに取材した刺繍です。「サンテチエンヌ  リボン」で検索してみると、犬のリードを売っているサイトが出ますね。

次に推奨しない例で、模様を重ねるとどうなるか試してみました。

IMG_52841.jpg
上は鳥を重ねる例で、まあどうかなというところ。

IMG_53362.jpg
下は曲線を重ねる例で、これはダメですね。
スポンサーサイト
[ 2016/11/27 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1209-33616f46