千切屋治兵衛の付下げ「吹寄せ」(実際の制作は倉部さん)の帯合わせ

第三千五百七十三回目は、千切屋治兵衛の付下げ「吹寄せ」(実際の制作は倉部さん)の帯合わせです。

今日は西陣の袋帯を合わせてみます。今回は明るい山吹色地の着物で華やかには見えますが、模様の大きさは小付けですし、刺繍は金糸と白糸だけで単彩主義の着物でもあるんですね。このような着物は、華やかでも上品で、年齢幅も意外と広かったりします。帯合わせとしては、色を加えてさらに華やかにしてしまうか、金地にして単彩主義を通すかですね。

IMG_48501.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「王朝華映錦」を合わせてみました。龍村の鎧シリーズでは、平蔵ブランドの「威毛錦」が有名ですが、これは「たつむら」ブランドの手織りバージョンで、六通なので振袖にも使えます。

今回の着物は地色は華やかだが、模様と色が不足している、と考えて、帯で模様と色を足してみました。着物を帯の背景に使っているようでもあり、華やかなパーティー向きですね。

IMG_48571.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯「柴垣秋草文尽」を合わせてみました。琳派の秋草文に登場する秋草のモチーフを小細工なく並べただけのような意匠です。色についても小細工を感じないですが、それぞれの色に透明感があって綺麗で、それが織悦のデザインと色の特徴なのだろうと思います。

これも単彩主義の着物に色を補う帯合わせです。上の例はど押しつけがましくないです。

IMG_48581.jpg
写真3番目は、織悦の袋帯「流水紅葉」を合わせてみました。龍田川と言われる意匠で、これも流水と紅葉という材料を素直に並べています。上と同じく色を足す帯合わせですが、地色を黒にして、黄色と黒の色合わせにしてみました。

IMG_48561.jpg
写真4番目は、帯屋捨松の袋帯を合わせてみました。籠目をベースに雲形を置き、さらに菊模様を置いたものです。この写真では見えませんが、牡丹と菊が交互に並んでいて春秋になっています。お太鼓が菊なら腹文は牡丹が出ると思います。

地色が金色で、地色の山吹色とは同系色です。金と黄色は光るか光らないかの違いですから。金地の帯には多少の色はありますが、着物の単彩主義をなるべく邪魔しない帯合わせです。

IMG_48601.jpg
写真5番目は、龍村の袋帯「錦秀遺芳文」を合わせてみました。これも着物の地色と同系色にも見える金地の帯です。帯の模様は多色でも色調に統一感もあり、この辺がいちばん華やかも上品さもあって、順当な帯合わせではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2016/11/23 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1205-f338566d