龍村の名古屋帯「瑞典星菱文」の帯合わせ

第三千五百六十八回目は、龍村の名古屋帯「瑞典星菱文」の帯合わせです。

今日は紬に合わせてみました。金糸を使わないタイプなので、基本は紬だと思います。明日以降、染の着尺や付下げにも合わせてみます。

IMG_49091.jpg
いちばん上の写真は、黄八丈に合わせてみました。黄色と鳶色の細かい格子で、実際に着やすいのではないでしょうか。

IMG_49101.jpg
写真2番目は、大城カメの琉球絣を合わせてみました。大城カメの晩年の作品で、手縞ですが、絣部分は極めて凝った精緻な絣です。

IMG_49111.jpg
写真3番目は、小岩井工房の上田紬を合わせてみました。小岩井工房は、通常の呉服業界の流通経路ではなく、工房で直接販売しています。信州旅行を兼ねて購入する方が多いようです。都会的なセンスの紬で、池内淳子さんとか女優さんのユーザーが多かったことでも知られています。この作品もすごく洗練されています。

IMG_49132.jpg
写真4番目は、林宗平の塩沢紬(当時は「古代紬」というブランドでした)を合わせてみました。有栖川錦の鹿文をデザインしたものですが、鹿の形は偶然ながらスウェーデンのニットのセーターにありそうですよね。そんな理由で選んでみました。

IMG_49281.jpg
写真5番目は、読谷花織を合わせてみました。読谷花織は、技法の分類では花織ではなく浮織ですが、その浮織のデザインが、なんとなくスウェーデンの星のデザインの似ているので選んでみました。

IMG_49331.jpg
写真6番目は、織悦の着尺を合わせてみました。西陣織は現在は袋帯が主流ですが、もともとは着尺も織られていました。これは、いつも袋帯を織っている西陣織の人気ブランドが着尺を織ったものです。タイトルは「カント絣」というもので、中国南部の広東(カントン)の意味でしょう。絣はインドの発明といわれますが、中国南部も日本への伝播ルートです。

この作品は、タイトルは「絣」ですが、実際の技法は絣ではなく経錦です。模様がスウェーデンの星と同じ2つずつ4つで計8つの菱を持つ星のように見えるので、選んでみました。
スポンサーサイト
[ 2016/11/18 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1200-b59612eb