2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

千切屋治兵衛の着尺「線霞」の帯合わせ

第三千五百六十一回目は、千切屋治兵衛の着尺「線霞」の帯合わせです。

今日は染めの名古屋帯を合わせてみました。今回の着物は、地色も模様の色も無彩色で、模様は単純な直線のみで具象でもなく意味もありません。そういう着物はたいていつまらないものですが、これは個性の強いところがすごいですね。

一方、帯合わせで考えると、色は無彩色で模様は抽象なわけですから、合わせる帯でいろいろ遊べそうですね。この着物のすごいところは、個性があるのに帯合わせも楽という、相反する要素を両立させているところではないかと思います。

IMG_41791.jpg
いちばん上の写真は、花也の名古屋帯「輪繋ぎ」を合わせてみました。着物は直線の模様ですから、帯は対照的な丸い模様にしてみました。

IMG_41851.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の名古屋帯「斜線と丸」を合わせてみました。実際に制作したのは中井亮さんです。赤茶色の斜線部分は、金彩で亀裂模様を入れるなど凝ったことをしています。金箔に亀裂を入れる技法はありますが、金彩の亀裂を入れる技法というのは滅多にないように思います。着物が単色で単純な幾何学模様なので、帯はさらに激しい幾何学模様にしてみました。

IMG_41941.jpg
写真3番目は、大羊居の名古屋帯「八つ手」を合わせてみました。具象的な草花模様を合わせてみました。豊かな色と豊かな造形をもつ大羊居を使ってみました。

IMG_41811.jpg
写真4番目は、花也の名古屋帯「苧環」を合わせてみました。ダンマル描きによる作画です。ダンマル描きは蝋染と同じ半防染効果がありますが、それを利用して中間色をつくり写生的なタッチにしています。結果として大人しい雰囲気になって、上の大羊居とは対照的ですが、どちらが合うか好き好きですね。

IMG_41871.jpg
写真5番目は、藤井絞の名古屋帯「波と千鳥」を合わせてみました。辻が花裂にある意匠で、ほぼそのまま写したものです。本来の染液に浸ける絞りです。波頭と千鳥の距離が近いですが、染液に浸ける絞りでは、そういうことも難易度に関係します。

IMG_42041.jpg
写真6番目は、藤井絞の名古屋帯「六葉花」を合わせてみました。絞りで具象的な模様を表現するという意味で、辻が花の系譜に属する作品です。しかし、これは絞った後に筆で着彩しており染液に浸けていません。上の本物の絞りに比べると、絵画に自由度が高くレベルの高い表現ができています。染液に浸けるということは、表現上の大きな制約になるということがわかります。

現代の辻が花作家の多くは染液に浸けていませんが、藤井絞は本来通り染液に浸けています。この作品は試しに浸けない技法で作ってみたということですが、ふだん浸けている作家が浸けないで作ると、より上手くなるということがわかりました。
スポンサーサイト
[ 2016/11/10 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1192-f7787e24