千切屋治兵衛の着尺「花菱入霞」の帯合わせ

第三千五百五十九回目は、千切屋治兵衛の着尺「花菱入霞」の帯合わせです。

今日は西陣織の帯を合わせてみます。なんとなく龍村ばかりになってしまいました。

IMG_53931.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「印度耀花」を合わせてみました。龍村というのはフォーマルがメインのイメージですが、紬に向く帯も作っています。産地の証紙のある高価な紬や織物作家の創作的な作品には、龍村というステイタスのあるブランドも合うと思います。

IMG_53961.jpg
写真2番目は、龍村の袋帯「カピタン縞格子」を合わせてみました。近世に東インド会社経由で輸入された裂は、唐桟と呼ばれる木綿の縞と金糸を織り込んだモールです。唐桟も輸入品として高価なものだったでしょうが、モールは現地ではマハラジャしか着られないようなものすごく高価なものだったと思います。今は東京国立博物館東洋館で見ることができると思います(展示替えのサイクルはわかりません)。

これはモールを写したもので、金糸部分は、今西陣で使われる普通のものですが、インド製の本歌は日本のように和紙に金箔を貼って裁断して芯糸に巻き付けたものではなく、芯糸に金の板を直接巻き付けたものらしいです。とんでもない高いものだったでしょうね。

IMG_53781.jpg
写真3番目は、龍村の名古屋帯「花韻」を合わせてみました。花から音が出ているというテーマです。花の形から音波が出ているよな意匠で、アニメっぽい発想で面白いです。

IMG_53831.jpg
写真4番目は、龍村の名古屋帯「花の宝」を合わせてみました。ピンク、緑、白の色替わりの草花模様が並んでいる意匠です。今回の帯合わせは、着物が水平方向の模様であることを考慮し、帯もシンクロするように水平方向に並んでいる模様ばかり合わせています。堅くてつまらない帯合わせとも言えますが、安全確実に綺麗に見えますよね。

IMG_53891.jpg
写真5番目は、龍村の名古屋帯「芳彩」を合わせてみました。オレンジ、水色、紫、黄緑の色変わりの花模様ですが、色がパステルカラーに統一してあって、金糸の輝きと混じってモダンな美しさがあります。花の列の余白部分に金糸で鳥が織り出してあります。
スポンサーサイト
[ 2016/11/08 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1190-dfd447ee