2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

大羊居の付下げ「薬師遺宝」の帯合わせ

第三千五百五十一回目は、大羊居の付下げ「薬師遺宝」の帯合わせです。

昨日は意味を合わせるように、正倉院テーマで合わせましたが、今日は正倉院御物にこだわらずエキゾチックなテーマで合わせてみます。

IMG_33261.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「陶楽騎馬文」を合わせてみました。ペルシアやシリアで出土するイスラム陶器です。出土品の多くは銀化していますが、ここでは鮮やかな色で再現されています。イスラム陶器に興味がある方は、「加藤卓男」で検索してみた方が綺麗なのを見られます。

IMG_33341.jpg
写真2番目は、帯屋捨松の袋帯を合わせてみました。帯屋捨松が得意なペルシア風の意匠です。青地というのは、合わせるのが難しそうですが、焦げ茶色に対しても綺麗に合っているように見えます。

IMG_33351.jpg
写真3番目は、帯屋捨松の袋帯を合わせてみました。青では個性が強すぎると思う人のために穏健な帯合わせとしてグレーを合わせてみました。

IMG_33411.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯「ペルシア巻花蔓」を合わせてみました。今回の着物は、大羊居らしい華やかなものですが、地色も焦げ茶色ですし、付下げで余白も多いので、幅広い年齢で着られる着物と思っています。そこで年輩者が着ることを想定し、ペルシア風の意匠でも細かい模様を合わせてみました。

IMG_33421.jpg
写真5番目は、織悦の袋帯「ペルシア狩猟楽園」を合わせてみました。これも年輩者が着ることを想定し、ペルシア風の意匠でも細かい模様を合わせたものです。こちらの方が色は地味ですが、お馬さんなどがいて、かわいいおばあさんになれる帯合わせと思っています。

IMG_40041.jpg
写真6番目は、千切屋治兵衛の金彩の名古屋帯を合わせてみました。先日紹介した倉部さんの帯です。コリント様式の柱の装飾を思わせるアカンサス模様です。名古屋帯ですが、豪華な印象なので、大羊居に拮抗してくれるように思います。
スポンサーサイト
[ 2016/10/31 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1182-9aa85390