2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛の名古屋帯「金彩更紗」(実際の制作は倉部さん)の帯合わせ

第三千五百四十三回目は、千切屋治兵衛の名古屋帯「金彩更紗」(実際の制作は倉部さん)の帯合わせです。

名古屋帯でありながら豪華な金彩ですから、フォーマルにもカジュアルにも使えるとも言えるし、フォーマルにもカジュアルにも使いづらいとも言える帯です。この帯に限らず、そういうものは世間にいくらでもあるものですが、どちらもダメ、と考えるタイプの人よりも、どちらも良いと考えるタイプの人の方が、社会的に成功する確率は高いでしょう。

今回の帯も紬から付下げまで広く合わせてみます。今日は紬から。

IMG_44411.jpg
いちばん上の写真は、久米島紬の格子柄を合わせてみました。ワインの帯に対し泥染めの焦げ茶色の組み合わせです。このような模様は本土では「格子」ですが、沖縄では「グバン」といいますね。碁盤の意味です。

IMG_44461.jpg
写真2番目は、与那国花織を合わせてみました。花織というのは、地の糸が変化して紋織を構成するものですが、地の糸が多色であれば、紋織の部分と地の部分とでグラデーション効果を発揮します。それを最大限利用したのが、読谷花織の美の原理ですね。

IMG_44591.jpg
写真3番目は、山口良子の首里織を合わせてみました。福木で発色した鮮やかな黄色の着物です。草木染というのは滋味な色で、それが価値があるというイメージがありますが、本来はこういうキンキンするほど鮮やかな色も出してこそ成功なんだと思います。この作品は、地の糸が変化して紋織を構成する花織と、別の色糸(この作品では藤色)を差し入れる浮織を併用しています。

IMG_44781.jpg
写真4番目は、読谷花織を合わせてみました。紫地の読谷花織で、ワインと紫という似ているけど違う色の組み合わせを試してみました。反対色でもない同系色とも言えない、こういう意味のはっきりしない色の組み合わせで成功すると、自分が達人になった気がするものです。

IMG_44791.jpg
写真5番目は、大城織物工場の琉球絣(南風原の紬)を合わせてみました。大城カメさんの孫の哲(さとし)さんの時代のものです。

IMG_57531.jpg
写真6番目は、黄八丈を合わせてみました。黄色と鳶色の細かい格子です。
スポンサーサイト
[ 2016/10/23 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1174-eaee6c75