2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の付下げ「六角筥」の帯合わせ

第三千五百三十七回目は、花也の付下げ「六角筥」の帯合わせです。

今日は染めの帯を合わせてみました。付下げの模様の主要部分は刺繍ですし、模様にも友禅にありがちな物語的な展開が無いので、友禅などの染めの帯も使えます。世間の風潮からすると、付下げに染めの帯という組み合わせも、お洒落の感度の高い人中心に広がってきているようですし。 

IMG_60201.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の塩瀬地に友禅の袋帯を合わせてみました。実際に制作したのは、中井淳夫さんです。乾山の陶筥の意匠をほぼ写したものです。

IMG_60291.jpg
写真2番目は、野口の縮緬地に友禅の名古屋帯を合わせてみました。江戸時代の御所解模様の小袖の植物文の部分を写したものです。菱取りに花菱文部分も元作品にあります。御所解模様の写しには、意匠だけ安易に写したものが多いですが、この作品は、糸目の上に墨描きを加えるなどオリジナルの雰囲気をなるべく再現した真面目なものです。

IMG_60211.jpg
写真3番目は、木下冬彦の塩瀬地に友禅の袋帯を合わせてみました。熊谷好博子の弟子の東京友禅の作家です。弟子を使って量産することがない寡作の作家なので、作品のすべてがレベルの高いものです。

IMG_60222.jpg
写真4番目は、木下冬彦の塩瀬地に友禅の袋帯を合わせてみました。

IMG_60231.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の塩瀬地に友禅の名古屋帯「松重ね」を合わせてみました。実際に制作したのは中井亮さんです。乾山の陶絵を写したものです。

IMG_60242.jpg
写真6番目は、京正の塩瀬の名古屋帯「瑞葉」を合わせてみました。実際に制作したのは中井淳夫さんです。縁蓋を使った端正な金銀彩です。

IMG_60262.jpg
写真7番目は、花也の塩瀬の名古屋帯「琳派流水模様」を合わせてみました。霞の中に琳派の波、その中に色紙があって、さらにその中に流水と楓と蛇籠という琳派が好む風景が描かれています。入れ子構造になった重厚な友禅です。
スポンサーサイト
[ 2016/10/17 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1168-112de011