2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の付下げ「六角筥」の帯合わせ

第三千五百三十六回目は、花也の付下げ「六角筥」の帯合わせです。

IMG_33531.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「王朝華映錦」を合わせてみました。濁りのない鮮やかな多色の帯を合わせてみました。この帯は振袖専用のようにも思えますが、付下げや訪問着に合わせて長く使えるようです。

IMG_33581.jpg
写真2番目は、帯屋捨松の袋帯「能衣装立沸花文」を合わせてみました。近世の唐織の能衣装に取材したものです。

IMG_33591.jpg
写真3番目は、帯屋捨松の袋帯「鳴子」を合わせてみました。鳴子の1つ1つに亀甲、七宝、青海波という伝統文様が入っています。鳴子というのは収穫を守るもので、季節としては秋ということになりますし、農業的なテーマですが、捨松独特の色のおかげか都会的に見えます。

ショッキングピンクのような鮮やかなのにかすれて見える色は、銀色のポリエステルフィルムの上にショッキングピンクや黄緑のような鮮やかな色をドット状に置いているのです。そんなもの売ってないので、自分の工房で作っているんでしょうね。

IMG_33631.jpg
写真4番目は、大西勇の袋帯「有栖川龍文」を合わせてみました。名物裂の有栖川錦のうちの龍文をテーマにしたものです。龍というのは、中国の皇帝みたいで尊大なモチーフですが、ここではユーモラスですね。そのおかげで帯の使い道が広くなっています。

IMG_33571.jpg
写真5番目は、洛風林の袋帯「亀甲文」を合わせてみました。実際に織ったのは帯屋捨松です。少し昔は帯屋捨松も洛風林同人でした。もっと昔は北村武資も洛風林同人だったことがあるんですよ。この帯は、単純な伝統文様の繰り返しですが、洛風林が企画して帯屋捨松が織ると、単純でも退屈でもないですね。本金の引き箔を多用した高級品でもあります。

IMG_33731.jpg
写真6番目は、龍村の袋帯「郁芳間道」を合わせてみました。すっきり行きます。
スポンサーサイト
[ 2016/10/16 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1167-4e7f21a6