民芸ポーラ絣の帯合わせ

第三千五百三十二回目は、民芸ポーラ絣の帯合わせです。

今日は、ポーラ絣に染めの名古屋帯を合わせてみます。友禅は絵画性が高いですから、ウール素材のポーラ絣に絵画性が加わって普段着からお洒落着に変わります。

IMG_53141.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の友禅の絽の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは藤岡さんです。芒があるので夏後半にふさわしい帯です。余白が多くシンプルな図案に思いますが、三日月に風鈴が掛けてあるなど、イラスト的な遊びもあります。着物の模様もシンプルな縞ですが、帯もシンプルでバランスは良さそうですし、ベージュと水色の配色も良いです。

IMG_53091.jpg
写真2番目は、野口の友禅の絽の名古屋帯を合わせてみました。炬燵のように見えるのは、平安時代に和歌で詠まれた製塩風景の塩釜です。江戸時代に制作された小袖には、文芸をテーマにしたものがありますが、これは源氏物語の須磨・明石や、百人一首の定家の「来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに・・・」などに取材した小袖の模様の一部を帯のお太鼓の模様にしたものです。

IMG_53061.jpg
写真3番目は、花也の友禅の紗と平織が半々の名古屋帯を合わせてみました。縞状に紗と平織が半々になっているオリジナルの生地に友禅で染めたものです。縞も模様と思えば、紋紗の仲間ですね。模様はマンガで刀を振り回したときの表現みたいですが、霞です。着物の絣模様が構成的なので、それを壊すような模様を合わせてみました。

IMG_53051.jpg
写真4番目は、花也の友禅の紗と平織が半々の名古屋帯を合わせてみました。家紋にもある「千鳥に波の丸」を意匠にしたものです。

IMG_52991.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛のパイナップル生地に友禅または筒描きの名古屋帯を合わせてみました。民芸の型染のように見えますが、じつは模様が正確に繰り返していないので、手描きしたもののようです。糊筒で糸目を描いていますが、友禅と言うより素朴な筒描きのタッチを目指しているように見えます。繊細な友禅に比べるとカジュアル感が有ります。

IMG_52971.jpg
写真6番目は、野口の麻のカジュアルな手描きの縞の名古屋帯を合わせてみました。このような作品は型染でも手描きでもできますが、おそらく手描きではないかと思います。これは普段着的に着る例です。
スポンサーサイト
[ 2016/10/12 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1163-9e71fc4e