2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

一の橋の付下げ「松竹梅」の帯合わせ(実際の制作は倉部さん)

第三千五百二十五回目は、一の橋の付下げ「松竹梅」の帯合わせです。

今日は友禅の染め帯を合わせてみます。倉部さんの付下げは、刺繍と箔とわずかなアクリル彩色ですし、物語的な展開もないですから、友禅の帯を合わせることも可能です。

IMG_57891.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の友禅と型疋田の名古屋帯を合わせてみました。袋帯でも、雪輪を合わせて冬~春の変わり目を表現し、初釜にふさわしいコーディネートをしてみましたが、それを染め帯でもやってみました。友禅の本来の役割である絵画性・物語性を増す、という趣旨ではないですが、見たところ穏当な帯合わせですね。

IMG_57931.jpg
写真2番目は、花也の友禅の名古屋帯「硯」を合わせてみました。硯という着物に無かったモチーフを加えて、着物と帯から成る画面を新展開させてみました。ドラマに例えれば、視聴率のテコ入れのため新キャラ投入というところですね。硯は蒔絵で、笹と羊歯が描かれているという設定ですが、同時に硯は取り方で中に笹と羊歯が入っているとも言えます。

IMG_57971.jpg
写真3番目は、加賀友禅作家、百貫華峰の名古屋帯を合わせてみました。友禅という技法の長所は、絵画性と物語性だ、というのを地で行くような帯です。百貫華峰は、日展に連続入選し、加賀友禅界でももっとも人気がある作家の1人です。帯のお太鼓というのは、日展画家が描く絵と思えば小品ですが、存在感ありますよね。

IMG_57881.jpg
写真4番目は、大羊居の友禅の名古屋帯「楽園」を合わせてみました。大羊居らしい帯だけ単体で鑑賞可能な作品です。松竹梅の世界とは全く関係ないインドの王女さまみたいな乗りですが、自分で創った世界を自分で壊してみるのも、たまには気持ちいいですよ。

IMG_57901.jpg
写真5番目は、花也の名古屋帯「湊取り琳派梅松」を合わせてみました。着物に有る松竹梅のうち、梅と松をモチーフにした帯です。大羊居の帯合わせとは逆に、模様を増やさない帯合わせです。無地系のコーディネートというのがありますが、なるべく模様の種類を抑えるという意味で、無地系信仰に近い帯合わせです。

IMG_57921.jpg
写真6番目は、花也の名古屋帯「松笹文」を合わせてみました。着物に有る松竹梅のうち、笹と松をモチーフにした帯です。大羊居の帯合わせとは逆に、模様を増やさない帯合わせです。上と同じく無地系信仰に近い帯合わせです。
スポンサーサイト
[ 2016/10/05 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1156-c6db73c9