2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

藤井絞の名古屋帯を使った帯合わせ

第二千五百五十二回目は、昨日の続きで藤井絞の名古屋帯を使った帯合わせです。

昨日の帯ですが、今日は縮緬の小紋に合わせてみます。本来辻が花は権力者の衣装ですから、フォーマルそのもののような気もしますが、実際に帯にしてみると紬に良く合ってしまいます。それでもまあ、小紋までなら使えそうですね。

カジュアルな雰囲気なのは、じつは生地にも理由があって、玉紬(「生紬」という呼び方の方が有名ですが、それはしょうざんの商標)を使っているからでもあります。玉紬は、涼しげで単衣っぽい雰囲気があるので、単衣時期の帯としても使えます。

さて、染めの着尺を合わせる時の基本方針ですが、帯が絞りなので、技法が重ならないように絞りの着尺は避けています。その上で、総柄、飛び柄、格子、多色などいろいろなパターンを試しています。

IMG_6313.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の型染の着尺(実際の制作は大和さん)を合わせたものです。源氏香をモチーフにした総柄の小紋ですね。このような着物は、どんな帯に対しても背景を務めてくれるので、合わせるのは楽ですね。配色については、藤井絞にありがちなパターンである紫⇔黄緑の組み合わせに逆らわないように選んでみました。

IMG_6321.jpg
写真2番目は、野口の更紗の着尺を合わせてみました。素朴な筒描きのような(これは型染なので雰囲気だけ)おおらかな白い輪郭線をもつ曲線模様の作品です。紫と水色という配色は美しいですね。

IMG_6316.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の型染の着尺(実際の制作は大和さん)を合わせたものです。生地が紬地で、紬の風合いを生かした地色に、朱色の型疋田の雪輪が飛んでいます。生地が光沢を吸収するタイプのため、雪輪は朱色でも派手な感じはありません。

IMG_6323.jpg
写真4番目は、野口の格子の着尺を合わせてみました。似たような色とパターンの着物を、北斎の浮世絵に登場する女性が着ています。ですから、このような感じの格子は、江戸の粋文化に属すると言ってもいいのでしょうね。

IMG_6314.jpg
写真5番目は、野口の個性的な着尺を合わせてみました。いつもの大きな飛び柄ですが、それだけでなく、太い縞も併用しているという個性モノです。縞の色が配色として合っている黄緑であるためにまあ何とかなっている、という感じでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2013/11/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/114-f39651ec