花也の付下げ「槇」の帯合わせ

第三千五百七回目は、花也の付下げ「槇」の帯合わせです。

今日は名古屋帯を合わせてみます。普通はこのような訪問着格の着物には袋帯しか使いませんが、あえて試してみます。そのためにフォーマル度の高い意匠のみ選びます。

IMG_53291.jpg
いちばん上の写真は、龍村の名古屋帯「木画狩猟錦」を合わせてみました。木画とは木に違う種類の木を嵌め込んだ象嵌によって作画した作品のことです。この意匠は、正倉院御物の五弦の琵琶の撥が当たる部分の模様を写したものです。正倉院御物は聖武天皇が使ったものですから、フォーマル度は高いだろうということで選んでみました。

IMG_53301.jpg
写真2番目は、龍村の名古屋帯「印金牡丹文」を合わせてみました。龍村と言われて、誰もが最初にイメージする作品です。平蔵ブランドの丸帯にふさわしいものですが、何を勘違いしたか名古屋帯で作ってしまったことがあったんですね。丸帯と同じくちゃんと本金を使っているんですよ、今は見ないので作ってないみたいです。

IMG_53261.jpg
写真3番目は、龍村の名古屋帯「ほかけ」を合わせてみました。出帆の意味ですから、入学式卒業式、会社の創業パーティーなどにふさわしいです。あっさりしていますが、意味が深くて、使いみちがありますね。

IMG_53281.jpg
写真4番目は、龍村の名古屋帯「桐花文」を合わせてみました。桐文は日本政府の家紋で、外務省にも付いています。また、財務省のキャリア官僚がテレビに映ったとき、自分の荷物を桐文の付いた風呂敷に包んで持っていました。ああいうのが国から支給されているんだなあと思いました。なのでフォーマル度が高いです。

IMG_33761.jpg
写真5番目は、喜多川俵二の名古屋帯「小牡丹唐草」を合わせてみました。名物裂を代表する意匠、牡丹唐草です。いろんなバリエーションがありこれは牡丹が小さいのですね。上の龍村の「印金牡丹文」も牡丹唐草ですから、牡丹の大きさで印象がすごく違います。

IMG_33751.jpg
写真6番目は、喜多川俵二の名古屋帯「厚板格子」を合わせてみました。厚板は、名物裂の名称の1つで、中国から舶載されるときに厚板に巻かれていたので、この名があると言われています。能衣装に使われている裂でも「厚板」とつくものが結構ありますね。それらすべてが舶載とも思えないので、構成の人が適当にイメージで分類したのかも。

この格子については、具体的にどの舶載作品に取材したのかよくわかりません。むしろ江戸時代の歌舞伎衣装にこのパターンがありますよね。そのせいか粋にも感じてしまう、粋な中国人がいたのかなあ。
スポンサーサイト
[ 2016/09/17 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1138-1be7ed5b