藤井絞の振袖の帯合わせ

第三千四百八十八回目は、藤井絞の振袖の帯合わせです。

昨日は補色(反対色)の帯を合わせ、帯が際立つ帯合わせをしましたが、今日は同系または逆らわない色の帯合わせをして、帯と着物を馴染ませます。

IMG_08581.jpg
いちばん上の写真は、織悦の袋帯「雪輪くくり入」を合わせてみました。朱色に朱色を合わせるのは、予想外だったでしょうか。私はいつかこういうのを実際に試してみたいです。振袖では、共感してくれるお客さまはいそうにないですが、黒留袖に黒い帯を合わせるのは、普通にありますよね。模様だけが浮き上がって面白いものです。

IMG_08751.jpg
写真2番目は、紋屋井関の袋帯「御寮織」シリーズの1本を合わせてみました。聖武天皇の碁石入れである「銀平脱の合子」をテーマにしたもので、模様は象と鸚哥で個性的ですが、色は全体が明るい金色(緯糸が金糸、経糸が白い糸で織られている)で、上品で大人しい印象です。

IMG_08741.jpg
写真3番目は、大西勇の袋帯を合わせてみました。全面的に金糸使いで、模様の色も華やかで振袖向きのようですが、模様の大きさは細かいので、振袖以外にも普通に使えそうな帯です。

IMG_08591.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯「東大寺花文」を合わせてみました。東大寺花文、すなわち正倉院に所蔵されている唐花文の裂ということですね。

IMG_08541.jpg
写真5番目は、織悦の袋帯「インド華文更紗」を合わせてみました。更紗というのは、あまりフォーマル感の無いテーマですし、金糸使いというほど金糸は使ってないですし、普通では振袖用には使わないでしょう。でもこんな合わせ方が、洗練されているという見方はないですか。

IMG_08511.jpg
写真6番目は、龍村の袋帯「王朝華映錦」を合わせてみました。今日は、今まで帯合わせをやってきて、なんだかメインディッシュを食べ忘れたみたいな感じだったので、帯が着物に馴染むという趣旨とは違うかもしれませんが、この帯に出て来てもらいました。
スポンサーサイト
[ 2016/08/29 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1119-de55c853