一の橋の名古屋帯「鹿下絵」

第三千四百七十六回目の作品として、一の橋の名古屋帯を紹介します。

俵屋宗達が絵を描き、本阿弥光悦が歌を書いた「鹿下絵新古今集和歌巻断簡」を写した作品です。MOA美術館に所蔵されているもので、「鹿下絵新古今集和歌巻断簡」で検索していただくと本歌を見ることができます。断簡は複数あるので、これにそっくりなのを探してみてください。

IMG_23471.jpg
いちばん上の写真は、お太鼓の全体です。角が無い鹿は馬に見えるので、馬鹿みたいですが、本歌がこうなっているので仕方がないんです。

IMG_23551.jpg
写真2番目は、腹文の全体です。枝だけの楓か、太い幹のある楓か選べます。どちらも琳派でおなじみのモチーフですね。

IMG_23491.jpg
写真3番目は、お太鼓の近接です。金は金ですが、銀は雲母を使っています。以前、梅の帯と付下げを紹介したことがありましたが、一の橋には雲母を使える下職さんがいるんですね。

IMG_23531.jpg
写真4番目は、お太鼓のもっと近接です。金の鹿の輪郭線はくっきりして美しく、縁蓋(プラスティックのシートをカッターで切って防染する)を切っているように見えます。

雲母はどうでしょうか。線はくっきりしているので縁蓋かと思いますが、線の形は筆でさらっと描いたように流麗で、カッターで切った硬さが無いです。そう見せるのも技術なのでしょうか。顔料や箔というのはよくわからないことが多いです。

IMG_23571.jpg
写真5番目は、腹文の片側の近接です。

IMG_23601.jpg
写真6番目は、腹文のもう片側の近接です。
スポンサーサイト
[ 2016/08/17 ] 繍箔 | TB(0) | CM(2)

在庫の確認とお値段についてのご質問

こんにちは、初めまして。内田と申します。
こちらの素敵な鹿の帯は、在庫はございますか?帯のお値段のお仕立てなどにかかる金額も合わせてお教えいただくと助かります。
よろしくお願い申し上げます。
[ 2018/01/25 16:47 ] [ 編集 ]

まだ有ります

まだ有りますが、ここに値段は書けないので、直接メールをいただけますか。総合問屋で扱っているものは値段を書いて価格競争を仕掛けても良いのですが、少人数で経営し少量生産している京都のメーカー(花也、一の橋、千切屋治兵衛、野口など)は、小売り段階で価格競争になると他の取引先も値引きを要求することになり、経営に支障が出てしまいます。そのため、価格を明示しないことを条件にネットに載せる許可をいただいています。
このブログを読んでくれている方の中には、価格を書いていないことで、販売する気が無いのではないかと勘違いしている方がいらっしゃるようですが、そんなことはありません。行間からギラギラする商魂を読み取って欲しいと思っているのです。みなさまも是非、メールで価格を問い合わせてください。
[ 2018/01/26 02:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1107-c9614ddb