2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

音丸耕堂の帯留「椿」の帯合わせ

第三千四百七十回目は、音丸耕堂の帯留「椿」の帯合わせです。

今日は染めの帯と合わせてみました。それぞれの腹文の上に載せています。

IMG_30471.jpg
いちばん上の写真は、花也の友禅の染め帯「羊歯」に合わせてみました。友禅の糊を置く糊筒の先端は口金がついていますが、金属である口金を絵筆のように操って、羊歯の葉を描くという名人芸的な作品です。友禅の蒸しの工程により、糊糸目は赤っぽく変色しています。(本来は乳白色になるところですが、それを超えてしまっているんですね。)そのために堆朱の色と合うようです。

IMG_30531.jpg
写真2番目は、花也の友禅の染め帯「斜め取り椿」に合わせてみました。平面の友禅の椿と、立体の帯留の椿をだまし絵的に重ねる組み合わせで、帯留の使い方のテクニックの1つですが、質感が違いすぎて騙し絵になってないですね。

IMG_30601.jpg
写真3番目は、野口の友禅の染め帯「貝桶」に合わせてみました。実際に制作したのは橋村重彦さんです。先日も紹介した帯の腹文です。中井淳夫を引き継ぐ重厚な色彩と堆朱の重い赤は相性が良いです。

IMG_30731.jpg
写真4番目は、野口の友禅の染め帯「花車」に合わせてみました。友禅の糸目というよりも筒描きを思わせるような素朴な輪郭線を持つ作品です。技術的に高いレベルを持つ作品とは全然思わないですが、これも味わいですね。

IMG_30661.jpg
写真5番目は、江戸刺繍の名古屋帯に合わせてみました。堰出しの疋田と江戸刺繍の帯です。刺繍の立体感と帯留の立体感の組み合わせです。

IMG_30461.jpg
写真6番目は、花也のダンマルと箔の染め帯「松笹文」に合わせてみました。ダンマル描きで防染した上に縁蓋を使って金加工したものです。美しいが光らない金と、美しいが鮮やかでない赤の組み合わせです。渋い名優どうしの演技みたいな感じですね。

IMG_30851.jpg
写真7番目は、蛭子屋の南部古代型染の染め帯に合わせてみました。紬地に藍染で牡丹唐草を型染したもので、素朴な雰囲気に合うか試してみました。
スポンサーサイト
[ 2016/08/11 ] 小物と小物合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1101-6ac7c742