花也の付下げ「波」の帯合わせです

第三千四百六十九回目は、花也の付下げ「波」の帯合わせです。

今日は友禅の染め帯で合わせてみました。友禅というのは絵画性・物語性が高いのが特長で、それゆえに着物と帯の模様が友禅どうしだと相性が悪いのですが、今回の着物は波のみで絵画性や物語性が低いので、あまりぶつからないのではないかと思います。

IMG_25681.jpg
いちばん上の写真は、大羊居の名古屋帯「楽園」を合わせてみました。波だけの着物は、帯合わせの許容範囲が広いので、ふだん使いづらい個性の強い帯を使うチャンスですね。

この「楽園」は、野口真造の黒留袖「象のいる天国」のダイジェスト的な作品です。白い象は、釈迦生誕の直前に摩耶夫人が見た夢を連想させ、仏教的な感じがしますが、オリジナルの「象のいる天国」ではこの周りにさらに天使が飛び回っており、カオス的な魅力のある作品になっていました。私はそういうのが大好きなんですけどね。

IMG_25671.jpg
写真2番目は、大羊居の名古屋帯「寿桃」を合わせてみました。桃は大羊居の得意なモチーフで格の高い黒留袖などにも登場します。油絵のような濃厚なタッチで描かれつつ、東京友禅的なすっきり感もあります。これはおそらく、濃厚な色と色が直接接することなく、必ず間に白を挟んでいるからではないかと思います。そういう知恵やテクニックの有無が、野暮と洗練を分けるんじゃないでしょうか。

IMG_25661.jpg
写真3番目は、大松の名古屋帯「楓取り海浜風景」を合わせてみました。江戸時代の小袖にもあって、江戸解模様などとも言われる海浜風景をテーマにしたものですが、その雄大な風景を小さな1枚の楓の葉の中に閉じ込めています。友禅の意匠の基本である取り方のスタイルではありますが、小さいものの中に大きいものが入っているというナルニア的な面白さもありますね。

流体である波は取り方の中に大人しく納まっていますが、芦の葉や松や笹ははみ出しています。その辺に図案のテクニックがありますね。

IMG_25621.jpg
写真4番目は、野口の友禅の名古屋帯「貝桶」を合わせてみました。実際の制作したのは橋村重彦で、橋村さんの野口時代の最後ごろの作品ではないかと思います。貝桶は、江戸時代の小袖や袱紗にある模様で、それをほぼ踏襲していますし、それらの過去の名品と同じぐらいの存在感があります。江戸時代と同じ糊糸目で描かれているのですから、橋村さんは最盛期の友禅に匹敵する技量を持っていることの証拠でもありますね。

貝桶のテーマは夫婦を連想させますから、あまり歳をとると、今さら感もあって照れ臭いところもあります。知り合いの結婚式に着て行くのは良いですね。

IMG_25611.jpg
写真5番目は、野口の友禅の名古屋帯を合わせてみました。牡丹模様と花菱文をあわせていますが、江戸時代の小袖の模様をほぼ写して、帯のお太鼓に収まるようにアレンジしたものです。
スポンサーサイト
[ 2016/08/09 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1099-fef857cc