2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛の振袖の帯合わせ

第三千四百六十三回目は、千切屋治兵衛の振袖の帯合わせです。

今回の振袖は大女優みたいな着物ですよね。どんなドラマに出ても存在感がありすぎて主役しかできないから、かえって仕事を減らしてしまっているということもあります。そういう人が人生のパートナーを探すとなると、もっと難しい。大金持ちの超有名人でなければ元マネージャーということになるのでしょうか。売れてる芸人とかそこそこの人はダメみたいですよね。

今回の帯合わせもとても悩みました。基本的な考え方は、この振袖を屈服させるような豪華な帯がこの世にあるのか、無地系のあっさりした帯でありながら質的にこの帯に釣り合うようなものがあるのか、というところですね。とりあえず今日は金色の地の帯を集めてみました。色を足さない発想です。

IMG_08781.jpg
いちばん上の写真は、紋屋井関の「御寮織」の1本を合わせてみました。正倉院御物の「銀平脱の合子」で、象と鸚哥という個性のあるテーマですが、全体が明るい金色のみ(金糸と白の絹糸が経緯で交じる)で、よく見ると豪華ですが遠目にはあっさりと見えます。

IMG_08801.jpg
写真2番目は、大西勇の金地の袋帯を合わせてみました。地は流水、模様は華やかな多色の草花文ですが、個々の模様の大きさは小さく、意外と着物の模様と干渉しあわないですね。

IMG_08891.jpg
写真3番目は、織悦の金地の袋帯を合わせてみました。正倉院裂の意匠を代表するような唐花文です。正倉院の唐花文は主文と副文から成り、帯の意匠は普通は主文を主役にしますが、これはなんと副文を主役にして、主文は両端に半分ずつ織り出されています。模様に極めて近接しているために、全体の意匠としてシンプルで余白も多くなっています。

IMG_09001.jpg
写真4番目は、河合美術の手織りの袋帯を合わせてみました。河合美術は普通バージョンと手織りバージョンがあって、普通のものは気の利いた意匠ですが、手織りは馴染めない印象が強いです。私の気のせいでしょうか。たくさん織れてしまう機械織りは万人受けでなくてはならないが、少ししか織らない手織りは少数の人にだけ愛されれば良いということなんでしょうね。スタンダールが小説の最後にいつも英語で書いた「for the happy few」の心境なんでしょう。

この帯も、色は金と黒だけ、模様は菊の花が並んでいるだけというもので、良いデザインなのか悪いデザインなのかわかりません。ただ存在感だけはすごく有って、この振袖のパートナーは務まりそうですね。

IMG_09011.jpg
写真5番目は、かのう幸の袋帯を合わせてみました。近世に制作されて今も実在する「雪持ち柳胴服」に取材したものです。存在感のある唐織です。
スポンサーサイト
[ 2016/08/03 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1093-bcb7d5a1