2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

野口の着尺の帯合わせ

第三千四百五十回目は、野口の着尺の帯合わせです。

この「松葉」の着尺の帯合わせは今日で最後にしますので、使い残しの画像をお見せします。

IMG_40541.jpg
いちばん上の写真は、花也の刺繍の華文の名古屋帯を合わせてみました。華文の形に防染して地色を染めて白抜き状態を作り、後描き友禅と刺繍を作って、地色のピンクの他に、白、黄色、水色の繊細なグラデーションを作っています。刺繍も後描き友禅と完全に連携し合って、継ぎ目無くグラデーションを形成しています。

なぜいつもの糊糸目でなく、ゴム防染の後染にしているのかというと、全体の色の調子を見ながら完璧なグラデーションを作るためです。糊糸目の友禅とゴム糊の防染による後描き友禅をくらべれば、糊糸目の方がありがたいわけですが、ここでは技法の優位性よりも、完璧なグラデーションの方を優先しているわけです。

地色は淡いピンク系ですが、着物の地色の焦げ茶とは相性が良いです。

IMG_99201.jpg
写真2番目は、龍村の名古屋帯「桐」を合わせてみました。

IMG_99251.jpg
写真3番目は、龍村の仕立て上がり名古屋帯「光波帯」の1本「遠州七宝」を合わせてみました。名物裂の遠州緞子に取材したものですが、商標の関係で「遠州七宝」というネーミングになっています。

IMG_99271.jpg
写真4番目は、龍村の仕立て上がり名古屋帯「光波帯」の1本「糸屋輪宝手」を合わせてみました。名物裂としての一般名は、糸屋金襴です。糸屋という豪商が所有していたという意味です。輪宝のデザインが載っているので、「糸屋輪宝裂」ともいいますが、龍村の商標に「手」が付いているのは、完全な再現ではないよ、という意味でしょう。

IMG_99381.jpg
写真5番目は、清原織物の爪掻綴の名古屋帯を合わせてみました。清原織物は工房が滋賀県に有って、きちんと日本で織られている綴です。(綴の工房については、他にも元は京都御室に住んでいたのが滋賀県に移転したという例がありますね。)

この作品は、色紙の中にいる鳥が鳳凰で、ちょっと格が高いですね。鳥の種類に合わせるように、地には金糸が織り込んであります。
スポンサーサイト
[ 2016/07/21 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1080-67c19f55