2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

野口の着尺

第三千四百四十七回目の作品として、野口の着尺を紹介します。

単色で1つのテーマの着尺です。松葉が散る季節と言えば晩秋あるいは冬で、地色もまた秋から冬に向いた色ですから季節もまた1つです。色もテーマも季節も1つの着物は、当然シンプルになるでしょうが、シンプルだから意味も薄いということはないですね。、

IMG_93221.jpg
いちばん上の写真は、反物の幅を写真の幅として撮ってみました。松葉というのは、形はいつも同じですが、方向性のある形なので、その向きで風を表現でき、動きのある模様を作ることができます。動きがあれば、シンプルでも退屈でない模様になりますね。

IMG_93231.jpg
写真2番目は、近接です。

IMG_93241.jpg
写真3番目は、もっと近接です。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1077-d33c4729