2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

一の橋の付下げ「紅葉吹寄せ」の帯合わせ

第三千四百四十六回目は、一の橋の付下げ「紅葉吹寄せ」の帯合わせです。

「紅葉吹寄せ」の帯合わせは今日で最後にしますので、私が気に入ったのを適当に合わせています。

IMG_08071.jpg
いちばん上の写真は、紫絋の袋帯を合わせてみました。正倉院にあるさまざまな染色品(織物はない)に取材したものです。正倉院の染色といえば、天平の三纈が有名ですが、それ以外に刺繍作品もコラージュしています。かなり自由にアレンジしていますが、帯としての使い勝手はすごくいいです。

IMG_07951.jpg
写真2番目は、大西勇の袋帯「有栖川龍文」を合わせてみました。前田育徳会が所有する有栖川裂の龍文部分ですが、偶然、色目が合っているので選んでみました。

IMG_04961.jpg
写真3番目は、帯屋捨松の手織りの高級バージョンの袋帯を合わせてみました。立沸に花文を合わせた意匠ですが、近世の唐織の能衣装をほぼ写したものです。

IMG_04881.jpg
写真4番目は、紋屋井関の「御寮織」シリーズの1本「銀平脱の合子」を合わせてみました。銀平脱とは恐ろしく手間のかかる古代の工芸技法で、作品の用途は聖武天皇の碁石入れです。白石と黒石を入れるために象と鸚哥の2種類があります。いちばん上の例もそうですが、金の単彩というのは使い勝手がいいですね。

IMG_04611.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「有朋文」を合わせてみました。楓だけ(わずかな桜)の着物なので、帯で物語性を加えることになりますね。黄色または辛子色というのは、あまりない色ですが、使いようでとても綺麗です。

IMG_04571.jpg
写真5番目は、龍村の袋帯「王朝華映錦」を合わせてみました。ドーンと多色で華やかな帯を持ってきましたが、合ってしまいますね。着物は色も淡く、模様の量も控えめですが、存在感で負けていないのは絵が上手だからでしょう。
スポンサーサイト
[ 2016/07/17 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1076-da3ce912