2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

一の橋の付下げ「紅葉吹寄せ」の帯合わせ

第三千四百四十五回目は、一の橋の付下げ「紅葉吹寄せ」の帯合わせです。

今日は、単純で伝統的なモチーフの袋帯を合わせてみました。ものによっては、あちこちで使われて手垢つきまくりのものもありますが、配色などによってお洒落に見えるのもありますね。

IMG_05061.jpg
いちばん上の写真は、洛風林の袋帯を合わせてみました。実際に織ったのは、当時は洛風林同人だった帯屋捨松です。単純な亀甲文様ですが、洛風林が企画するとお洒落に見えてしまいます。配色が上手いんでしょうね。

IMG_06541.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯「彩籠目小文」を合わせてみました。これも単純な伝統モチーフですが、配色の上手さでお洒落に見えているんでしょうね。亀甲や籠目というモチーフは、日本人の財産のようなモチーフですが、使い方を誤ると野暮で古臭くなりますよね。

IMG_06451.jpg
写真3番目は、織悦の袋帯「彩雪輪」を合わせてみました。雪輪も伝統モチーフながら、どんなに使い方を誤っても野暮にも古臭くもなりません。雪輪模様で野暮な着物なんて見たことないですよね。ありがたいものです。問題はこの朱色の地色ですが、若い人がこの組み合わせで着ていたらすごくかわいいです。成人式の振袖用の帯として買って、30代まで着るというのはどうでしょうか。

IMG_06681.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯「料紙文山川能宣集」を合わせてみました。文様の中には、正倉院に由来するもの(超古典なのに外来でエキゾチック)、王朝文化に由来するもの、武家文化に由来するもの、江戸の粋を連想させるもの、などありますね。料紙は、奈良から平安時代、写経や和歌を書くための紙ですが、その装飾の1つが道長取りと言われるものですね。王朝文化に分類されるものは、戦いが本業の武家の文化ではないと思うからか、ゆったりおおらかに見えますね。

IMG_07891.jpg
写真5番目は、龍村の袋帯「清風間道」を合わせてみました。名物裂の間道裂に取材しながら、元の裂の名前を出さず、適当な綺麗なネーミングをしているシリーズです。おそらく商標登録の関係でしょう、本来の名物裂の間道裂に準じたネーミングをしている帯は、すでに高島屋から発売しているのかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2016/07/16 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1075-5a826f03