2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

一の橋の付下げ「紅葉吹寄せ」の帯合わせ

第三千四百四十四回目は、一の橋の付下げ「紅葉吹寄せ」の帯合わせです。

IMG_04631.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「錦秀遺芳文」を合わせてみました。俵屋宗達が修復時に描いたという反っくり返った鹿があるので、平家納経をテーマにしたものだとわかります。安藝の宮島と言えば、紅葉が綺麗で有名ですから、そんなつながりで帯合わせをしてみました。

IMG_07611.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯「光琳水」を合わせてみました。紅葉と流水で龍田川を作ってみました。水をテーマにした帯は、それだけでは単純で絵的につまらないですが、桜と合わせて「桜と流水」をつくったり便利ですよね。

IMG_04671.jpg
写真3番目は、服部の袋帯「こはく錦」シリーズの1本「オリエント更紗24k」を合わせてみました。かつて高級品として大人気だった「こはく錦」シリーズの中でも、極細に裁断された本金の引き箔糸を使って手織りされた上級ランクのものです。上の2例では、意味をつなげることを重視しましたが、唐花文はフォーマルでさえあれば、意味に関係なく合わせられて便利です。

IMG_06401.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯「東大寺花文」を合わせてみました。正倉院御物として多くある上代の唐花文で、主文と副文の2つのモチーフから成っているのが意匠の特徴です。クローズアップして帯の模様にする場合、普通は主文にクローズアップするものですが(上の例はそうですよね)、この帯は副文にしていますね。

IMG_06771.jpg
写真5番目は、織悦の袋帯「遠山霞桜楓文」を合わせてみました。楓ということで、模様のテーマの一部が重なっています。「大事なことなので2度言いました。」みたいな帯合わせになってしまいました。こういうのってどう思われますか。

2番目の例では、楓と流水で模様が重ならないように龍田川を作ることができましたが、現実には、紅葉模様の着物に龍田川の帯を合わせて、楓を重ねてしまう例が多いと思います。
スポンサーサイト
[ 2016/07/15 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1074-4366b403