野口の着尺の帯合わせ

第三千四百三十九回目は、野口の着尺の帯合わせです。

今日は加賀友禅の染め帯を合わせてみました。明るい多色で柔らかいタッチの格子ですから、やはり明るい多色の加賀友禅を合わせてみました。色目が同じ系統で、絵が格子と具象画で反対ならば良い組み合わせになると思います。

IMG_36021.jpg
いちばん上の写真は、中町博志の加賀友禅の名古屋帯を合わせてみました。描かれているのは葱です。花の下に見える青い実のようなものは、むかごですね。植物の中には、実や根で増えつつ補助的にむかごを形成するものもあります。

IMG_97881.jpg
写真2番目は、中町博志の加賀友禅の名古屋帯を合わせてみました。「砕」というタイトルです。着物が格子で帯でその格子が壊れているという、だまし絵的な視覚効果を狙ってみました。この帯は、着崩れてもばれない意外に便利な帯です。

IMG_36281.jpg
写真3番目は、羽田登喜男の名古屋帯を合わせてみました。羽田登喜男が人間国宝になった直後ごろのものです。この後、大量につくられるようになり、今でも京都きもの市場で安く売っていますよね。後に作られるのは、鴛鴦が2羽で花もついてとても気前の良いものになっています。初期のものは、この作品のように鴛鴦1羽ぐらいしかいなかったんですよ。

IMG_36291.jpg
写真4番目は、羽田登喜男の名古屋帯を合わせてみました。これも羽田登喜男が人間国宝になった直後ごろのものです。初期のものは、模様のつけ方が控えめで、この作品のように鴛鴦が2羽いるものは、鶏冠に金彩が無かったのです。その後、どんどんサービスが良くなっていったのです。

IMG_36301.jpg
写真5番目は、羽田登喜男の名古屋帯を合わせてみました。これも羽田登喜男が人間国宝になった直後ごろのものです。蕨を描いたものですが、シンプルながら、私はこれがいちばん好きです。

IMG_36271.jpg
写真6番目は、羽田登喜男の名古屋帯を合わせてみました。これも羽田登喜男が人間国宝になった直後ごろのものです。水仙ですね。これが制作された当時は、鴛鴦だけが先に売れて草花は残っていたものですが、今となってはこの方がネットで安く買ったと思われなくていいかも。

IMG_97871.jpg
写真7番目は、百貫華峰の加賀友禅の名古屋帯を合わせてみました。百貫華峰も加賀友禅でもっとも高い値段を付けられる作家でした。この人は、日展作家として入選を重ねて有名だったのです。
スポンサーサイト
[ 2016/07/10 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1069-549e6ffc