2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

千切屋治兵衛の名古屋帯の帯合わせ

第三千四百三十六回目は、千切屋治兵衛の名古屋帯の帯合わせです。

今日は付下げに合わせてみます。染の名古屋帯ですから本来は小紋までですが、貫禄のある意匠と加工ならば、そこそこフォーマルにも使えます。フォーマルに使うコツとしては、仕立ての際になるべく帯の前の幅を広くしておくこと(4寸3分ぐらい)ですね。自動車のデザインで、フロントグリルが立派だと高級車に見えるのと一緒です。ロールスロイスはパルテノン神殿みたいですものね。

今回すべて花也の付下げを使っていますが、いろいろ合わせているうちになんとなくそうなってしまいました。理由はわからないですが。

IMG_36311.jpg
いちばん上の写真は、花也の付下げを合わせてみました。地紋で市松模様が浮かび上がる生地を利用して、松と笹模様を配したものです。丸い雪輪模様と市松の四角い模様の対比を狙っています。

IMG_36321.jpg
写真2番目は、花也の付下げを合わせてみました。羊歯の葉の模様を湊取りにしたものです。羊歯というのは、花も咲かないし湿気の多い日陰に生えている陰気な植物ですが、冬に枯れないところから縁起の良い模様ということになっています。シダ類といわれるものは、門にまたがる大きなグループなので形はさまざまです。そのため意匠としても使いやすいんですね。

湊取りというのは、三角定規にある長い方の直角三角形のような形の取り方を言います。湊という呼び方は海辺の地形からきているようです。丸い雪輪模様と直角三角形の模様の対比を狙っています。

IMG_36331.jpg
写真3番目は、花也の付下げを合わせてみました。紬地の付下げです。普通の付下げよりカジュアル感があをるので、名古屋帯も使いやすいですね。もちろん袋帯でも良いのですが、結婚式で着るような金襴の袋帯は使いづらいですから。

このような取り方の形は、松皮菱に由来して松皮取りとも言いますね。鋭角が連なる形が特徴なので、丸い雪輪模様との対比を狙っています。

IMG_36361.jpg
写真4番目は、花也の付下げを合わせてみました。

いつもの糊糸目の友禅ではなく、白生地を模様の形に防染して、地染めをし、白抜き部分を後で彩色するという技法で描かれたものです。白い糸目の輪郭線が無いのが特徴です。地色と模様の色を隔てる白い輪郭線が無いと、双方の色が直接馴みます。作者は、どんな表現をしたいかによって技法を選択します。

帯の焦げ茶色と緑系の地色の組み合わせが意外に綺麗なので、試してみました。

IMG_36391.jpg
写真5番目は、花也の付下げを合わせてみました。「サンテチエンヌリボン」と題されたものです。サンテチエンヌというのは、フランス中部にあってリボンの産地ですね。丸い雪輪模様と長い紐状の模様の対比を狙っています。
スポンサーサイト
[ 2016/07/07 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1066-2ac27416