織悦の紗の袋帯の帯合わせ

第二千五百四十四回目は、昨日紹介した織悦の紗の袋帯の帯合わせです。

IMG_6206.jpg
いちばん上の写真は、野口の紗の付下げを合わせてみました。墨色地に、野口らしい多色で大きな柄の付下げです。植物文どうしの重なりで、しかも菊で重なってしまっているのが残念ですが、世間的には許される範囲かなと思います。

IMG_6203.jpg
写真2番目は、大松の絽の色留袖と合わせてみました。唐子で表現された人物が大型の帆船を引いているところです。後姿には中国風の塔も見えるので、近世の寧波辺りのイメージでしょうか。

色留袖の濁りのない水色地に対し、織悦の帯が良く合っていると思います。テーマも、植物どうしが重なるということもないので良いですね。

IMG_6208.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛(実際の制作は中井淳夫)の絽の付下げと合わせてみました。水色地に線模様(直線も曲線も)で、その線が交わってできるスペースに伝統的な波文様が描かれています。幾何学模様と言えば、モダンな抽象画のイメージですが、そこに伝統的な波文様を加えることで、「新しい酒を古い革袋に入れる」という形式にしています。キリストには申し訳ないですが伝統工芸の必勝パターンです。

中井さんの色は「重い」のが特長ですが、濁りがありません。だから織悦とも合いますね。テーマとしては、幾何学文様に対する植物文様で、干渉し合うこともありません。

IMG_6213.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛(実際の制作は中井淳夫)の「絹芭蕉」という商標の玉紬の生地の付下げと合わせてみました。玉紬(世間的にはしょうざんの商標である「生紬」のほうが通じやすい)の生地は、裏地を付けて合わせに着ても良いですが、単衣で着るとかっこいいです。

帯は単衣時期にふさわしい涼しげな雰囲気がある帯が良い、ということになりますが、たいていは夏帯を合わせているようです。この帯合わせは、中井さんの付下げの幾何学文様(じつは小袖由来のパターン)に対し、織悦の植物文様で、合っているような気がしますが、中井の重い色には龍村の方が良かったかもしれませんね。

IMG_6210.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛(実際の制作は中井淳夫)の絽の付下げと合わせてみました。白地に撫子模様です。上の例では、「龍村の方が良かったかも」と書きましたが、こちらの中井とは合っています。単衣の生地では色が強すぎて、上品な織悦とは合いにくかったのが、染料の含みが少ない絽の生地では、ちょうど合うのかもしれませんね。
スポンサーサイト
[ 2013/11/20 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/106-6418b3ab