野口の夏の名古屋帯の帯合わせ

第三千四百二十五回目は、野口の夏の名古屋帯の帯合わせです。

今日は昨日よりもさらにカジュアルに帯合わせをしてみます。本来であれば半幅帯を合わせるべき浴衣にも合わせてみます。

IMG_30291.jpg
いちばん上の写真は、小千谷縮を合わせてみました。本来の小千谷縮は越後上布とともに重要無形文化財を受けた極めて希少で高価なものですが、ここで紹介する小千谷縮はラミー糸を使ったものです。縞や格子は、価格は高めの浴衣ぐらいでコスパが高いですし、デザインもお洒落です。これは緑とベージュの組わせを効果的に使った格子です。

IMG_30281.jpg
写真2番目は、小千谷縮を合わせてみました。緑とグレーの大胆な色分けのようにも見えますが、よく見ると縞なんですね。

IMG_30391.jpg
写真3番目は、絹紅梅を合わせてみました。紅梅織は「勾配」の意味で、太い糸と細い糸を混ぜて織ることにより生地に勾配を生じさせ、風通しを良くしたものです。江戸時代の人は駄洒落が好きだったので、「こうはい」に掛けたのです。

綿だけで織られた綿紅梅と、太い糸が綿で細い糸が絹の絹紅梅がありますが、すべて絹糸だけで織られた絹紅梅もあります。綿紅梅はカジュアルですが、絹紅梅はそれよりフォーマル方向です。

絹紅梅の染の意匠は、浴衣的なものと正絹の小紋的なものがあるので、フォーマル度、カジュアル度の範囲は広いです。この絹紅梅は藍染の中型の模様なので浴衣的ですね。

IMG_30421.jpg
写真4番目は、正藍長板染の浴衣を合わせてみました。初山一之助さんのものです。

浴衣を染める技法というのは、江戸時代からある1度に1枚しか染められない長板染、大正時代に考案された1度に数十枚染められる注染、現代のインクジェットがあります。注染が考案された時、ホンモノの長板染に対する量産技法だったでしょうが、インクジェットがある今、注染がホンモノということになっています。

IMG_30431.jpg
写真5番目は、三勝の浴衣を合わせてみました。注染の浴衣です。江戸の風情も感じて結構好きな意匠です。

IMG_30451.jpg
写真6番目は、三勝の浴衣を合わせてみました。帯の丸が並ぶ帯の意匠を意識して遊んでみました。まさかこういうことをする人はいないでしょうが。
スポンサーサイト
[ 2016/06/26 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1055-bdbadf13