野口の長襦袢「蝙蝠」

第三千四百十五回目の作品として、野口の長襦袢「蝙蝠」を紹介します。

中国語では「蝙」は「福」と音が同じということですし、「蝠」の文字も「福」を連想されるということで、蝙蝠は中国では縁起が良いとされています。

IMG_93281.jpg
いちばん上の写真は、反物の幅を写真の幅として撮ったものです。紫色と黄緑色の蝙蝠の飛び柄で、型疋田による表現になっています。

IMG_93291.jpg
写真2番目は、紫色の蝙蝠の近接です。かわいいデザインのなので、もっとはっきり見えるように紹介したいのですが、すべての色が淡いためこんな風にしか撮れませんでした。上に淡い着物を着ても下に着ている長襦袢の模様が透けないように、長襦袢の色は淡いのが基本なのでしょうがないですね。

長襦袢でも地色が濃いものもありますし、模様がはっきりして絵画的に美しいものもあります。そういう長襦袢は、地が厚い紬の下に着るか、フォーマルならば地色の濃いものの下に着るしかありません。着物に合わせて何枚でも長襦袢を買うような人は、何を買っても自由ですが、1,2枚で済まそうという人は淡いものを買っておいた方が無難ですね。

IMG_93312.jpg
写真3番目は、黄緑色の蝙蝠の近接です。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1045-ac6327ac