野口の着尺の帯合わせ

第三千四百五回目は、野口の着尺の帯合わせです。

今日は、更紗に更紗を合わせてみます。同じ模様を重ねるというのは、チェッカーズがデビューした時に全身チェックの衣装を着けていたのと同じで、企画モノとしてはありえても普通はしませんよね。

今日は無理を承知でするわけですが、更紗の大きさを極端に変えたり、途中に余白を挟むと着られないこともないかなあ、と思っています。

IMG_98821.jpg
いちばん上の写真は、秀雅から仕入れた友禅の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは、千ぐさあるいはその周辺です。「千ぐさ」ということで仕入れていますし、作風も千ぐさですが、千ぐさの元職人が独立して・・・とういうこともありますし、その後、秀雅も千ぐさも廃業していますから、確かめることもできないですね。

更紗どうしの組み合わせですが、大きさを極端に変えることで対処してみました。

IMG_98871.jpg
写真2番目は、秀雅から仕入れた友禅の名古屋帯を合わせてみました。この作品も実際に制作したのは、千ぐさあるいはその周辺です。

更紗どうしの組み合わせですが、途中に余白を挟むことで対処してみました。

IMG_98631.jpg
写真3番目は、北秀の塩瀬の袋帯を合わせてみました。北秀が東京の下職につくらせたもので、千代田染繍や千ぐさの周辺でしょう。意匠の出典がわからず、更紗といえるかわかりませんが、一般から見れば同じように見えてしまうでしょう。金銀だけで描くことで着物の模様と雰囲気を変えること、余白を使うことで対処しています。

IMG_98911.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「鳳遊更紗文」を合わせてみました。龍村らしい存在感の有る織りで、着物の型染の質感とは違いが大きいので、そこが救いかなあと思います。

IMG_99041.jpg
写真5番目は、織悦の袋帯を合わせてみました。模様の大きさの違い、織りと染めの質感の違いはありますが、色目は同じという組み合わせです。あまりお勧めはしないですけどねえ。
スポンサーサイト
[ 2016/06/06 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1035-e5bda0ad