2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

野口の着尺の帯合わせ

第三千四百四回目は、野口の着尺の帯合わせです。

今日は、更紗発祥の地を思わせる風物を合わせてみます。鸚哥や象ですね。しかし、鸚哥や象の帯というのはみんなが持っているわけではありません。そこで「エキゾチックもの」ということで広く考えます。

IMG_98611.jpg
いちばん上の写真は、大西勇の袋帯を合わせてみました。正倉院御物である「臈纈屏風」に取材したものです。古代の蝋染は当時としては最高技術なのでしょうが、稚拙な雰囲気でそれが味わいですね。この帯は織物なので、技法は全く違いますが、オリジナルの稚拙な雰囲気を再現しています。

なお、」古代の臈纈は蜜蝋を使っていますが、聖武天皇以外の天皇は蜂蜜は食べなかったので、日本では大正時代まで蝋染は絶えています。

IMG_98601.jpg
写真2番目は、帯屋捨松の袋帯「豊公花鳥錦」を合わせてみました。手織りの高級バージョンです。現在は中国で織られていますが、この帯は少し昔のものでまだ日本製でした。「豊公」と付くのは、豊臣秀吉が南蛮人から買ったペルシア絨毯を陣羽織にしたものに取材したからです。

IMG_98721.jpg
写真3番目は、大松の塩瀬地の袋帯を合わせてみました。大松は大黒屋松三郎の略で、大彦の本家筋に当たります。大彦は大黒屋彦兵衛の略で、大幸(大黒屋幸吉)の娘婿、松三郎は幸吉の長男でした。

IMG_98881.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「騎馬陶楽文」を合わせてみました。シリアやイラクで出土するイスラム陶器に取材したものです。現物は銀化して色もかすれていますが、龍村色にアレンジしてありますね。

IMG_98891.jpg
写真5番目は、龍村の袋帯「西域舞踊錦」を合わせてみました。更紗の産地からは少々離れてしまいましたが、まあ許容範囲でしょうか。

IMG_98671.jpg
写真6番目は、桝屋高尾の刺繍の袋帯を合わせてみました。日本の家紋というのはシンプルですが、西洋の紋章というのは家系が複雑になるにつれて模様を足していくんですよね。
スポンサーサイト
[ 2016/06/05 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/1034-02a1bddc